読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

11月の注目文庫化情報


11月にしてはまだまだ暖かいような気がしますが、これからどんどん寒くなっていくのでしょうね。
快適な季節というのは本当に短いものです。


今月の新刊は、特にこれが絶対に読みたいというものはないのですが、そういえば恩田陸さんも重松清さんも最近ご無沙汰だな~と思うと、久しぶりに読んでみたいという気になってきました。
大山誠一郎さんの『密室蒐集家』は本格ミステリ大賞受賞作ですね。
あっと驚くようなミステリは定期的に読みたくなります。
『友罪』は少年犯罪がテーマということで重そうですが、読書の秋に読むにはいいかもしれません。
そうこう言っているうちに、年末の各種ランキングも気になってきます。
ランキングをチェックしてすぐに読むというわけではないのですが、これ面白そう、いずれ読むぞ、と目星をつけるのが楽しいのです。
自分の年間ベスト10もそろそろ意識しなくては……。