tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』宮部みゆき


三島屋の主人伊兵衛は、傷ついた姪の心を癒やすため、語り捨ての変わり百物語を始めた。悲しみを乗り越えたおちかが迎える新たな語り手は、なじみの貸本屋「瓢箪古堂」の若旦那勘一。彼が語ったのは、読む者の寿命を教える不思議な冊子と、それに翻弄された浪人の物語だった。勘一の話を引き金に、おちかは自身の運命を変える重大な決断を下すが…。怖いけれども癖になる。三島屋シリーズ第五弾にして、第一期の完結篇!

「語って語り捨て、聞いて聞き捨て」がモットーの変わり百物語ももう5作目。
作者の宮部さんは「スローペース」なんておっしゃっているけれど、そんなこともないように思います。
毎回たっぷり読み応えのある1冊を届けてくれるので、「読み足りない、早く次を!」というような渇望感がないからかもしれません。
もちろん他のシリーズものと同様、続きが楽しみなのは変わりないのですが。


さて、そんな5作目は、物語が大きな転機を迎えることになりました。
「第一期の完結篇」と称されているとおり、なんと主人公交代という大技が繰り出されています。
それについては後で触れるとして、まずはやはり今作も怪談ものとして非常に読み応えがあり、面白く、そして考えさせられたということを言っておかねばなりません。
「行き逢い神」という女の姿をした神に憑りつかれ、欲望や願望を叶える代わりに家族の命を次々取られていった悲惨な話「開けずの間」から始まり、「もんも声」というあやかしを呼び寄せる声の持ち主の女性がお城に奉公に上がった時の話「だんまり姫」、災いをもたらすお面を守る家を描く「面の家」、シリーズを通しておなじみの貸本屋「瓢箪古堂」の若旦那が語る「あやかし草紙」ときて、最後は三島屋の長男と次男が兄弟仲良く酒を酌み交わしながら語る「金目の猫」で締められています。
どれも程よい怖さで、人間の業や欲深さに直面させられます。
今回私が一番気に入った話は「だんまり姫」でした。
「もんも声」という不思議な声の設定がユニークで、その声の持ち主であるおせいがお城に奉公に上がり、生まれてからずっとしゃべることなく黙ったままのお姫さまに仕え、やがてその城で起こった恐ろしい出来事を知るという筋書きも、先が読めない面白さがありました。
この話には城の跡取りとなるはずだった男の子の幽霊が登場するのですが、その子がなんとも健気で泣かせます。
幽霊となった経緯を思えば、誰かを恨んだり怒り狂ったりしても無理はないところなのですが、そうはならず国を民を守ろうというのは大人でもなかなか難しいことだと思います。
そんな跡取りの子を救おうと文字通り奔走したおせいの気持ちもあたたかくて優しく、話を聞き終えたおちかが涙を流すのに、心から共感できる一編でした。
怖いのに心がほっこりするというのは、宮部さん流怪談の真骨頂ですね。


大きく話が動いたのは第四話にして表題作の「あやかし草紙」です。
この話を最後に、おちかは3年にわたって務めた変わり百物語の聞き役を降りることになります。
もともとおちかが変わり百物語の聞き役になったのは、彼女自身が体験したある恐ろしい出来事による心の傷を癒すためでした。
おちかの伯父である三島屋の主人・伊兵衛の狙いが当たって、おちかの心が少しずつほぐれていき、立ち直っていく様子をこれまでのシリーズ既刊で着実に読んできた読者としては、ついにおちかが新たな旅立ちの時を迎えることになったのは非常に喜ばしく、感慨深いものがあります。
それも、誰かが手引きして新しい道へ導いたというのではなく、彼女自身が選び、決断して聞き役からの卒業となったというのが何よりもうれしいのです。
最初は傷ついていて弱々しい印象もあったおちかに、本来の芯の強さが戻ってきて、なんとも彼女らしい選択をしたものだと感嘆しました。
もちろん、一方でもうおちかが主役の話は読めないのかと、寂しさがあるのも事実です。
けれどもその寂しさは、おちかから聞き役を引き継ぐことになった三島屋の次男・富次郎の、おちかとは違った魅力が消し去ってくれそうです。
おちかのことを思いやる優しい従兄で、おいしいもの、甘いものに目がないという親しみやすいキャラクターに好感が持てます。
絵心があって、百物語を聞いた後はその物語を絵に描いてみるというのも、おちかとは違った視点を持ったいい聞き役になりそうな予感がします。


シリーズものとしてはひとつの区切りがつきましたが、百物語 (99話まで語られるようです) はまだまだこれから。
新しい聞き役の富次郎がどんな奇妙で怪しげで恐ろしいお話に出会うか楽しみです。
おちかも聞き役ではなくなったとはいえ、遠くへ行ってしまったわけではないのでまた物語に登場してきてくれることでしょう。
シリーズの行く先がさらに楽しみになりました。
☆5つ。




●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp

『鹿の王 水底の橋』上橋菜穂子

鹿の王 水底の橋 (角川文庫)

鹿の王 水底の橋 (角川文庫)


伝説の病・黒狼熱大流行の危機が去った東乎瑠帝国では、次の皇帝の座を巡る争いが勃発。そんな中、オタワルの天才医術師ホッサルは、祭司医の真那に誘われて恋人のミラルと清心教医術発祥の地・安房那領を訪れていた。そこで清心教医術の驚くべき歴史を知るが、同じころ安房那領で皇帝候補のひとりの暗殺未遂事件が起こる。様々な思惑にからめとられ、ホッサルは次期皇帝争いに巻き込まれていく。『鹿の王』、その先の物語!

本屋大賞と日本医療小説大賞をダブル受賞した『鹿の王』の続編です。
ただし、前作の主人公であるヴァンとその養女ユナは全く登場しません。
彼らがその後どうなったかは誰もが気になるところでしょうし、ちらっとくらいは出てきてもよかったのに……と思いつつ、一方で前作とはまた違う物語を書きたいという上橋さんの強い意志も感じました。


そんな今作の主人公は、オタワルの医術師ホッサルです。
前作では恐ろしい感染症である「黒狼熱 (ミッツアル)」の治療法を探し求めるうちに、ヴァンともども国同士の陰謀や争いに巻き込まれていくホッサルの姿が描かれていましたが、今作では東乎瑠 (ツオル) 帝国にほぼ舞台が限られているものの、政治的な争いに巻き込まれているのは同じです。
オタワルの末裔という立場的にそうなってしまうのは仕方ないとも言えますが、自らの使命や職務に専念できないというのは医術師であるホッサルにはつらいことではないかと思います。
けれども、実際のところ医療というものは政治と密接な関係を持っているものなのでしょう。
人類の歴史は疫病との闘いの歴史とも言えますが、だからこそそこには必ず政治的なものが絡んでいます。
最近の新型コロナウイルスに関する動きを見ていてもそれは明らかです。
国や地域によって対策や支援が異なるのは、為政者が異なり、政治が異なるからです。
さらに医療には、政治だけではなく、人の思想や宗教も大いに関わってきます。
宗教的な理由で禁忌とされる治療法や薬があったり、延命するより苦痛を取り除き安らかに逝けるようにすることを重視する医療があったり。
思想や宗教も政治同様争いの種になりがちで、本作の世界においても例外ではありません。
そして、この医療が正しい、あの医療は間違っている、などと安易に断言できるような単純なものでもありません。
けれども、時に対立することがあろうとも、病やけがに苦しむ人の苦痛を和らげたい、命を救いたいという、人々の切なる願いが出発点になっているというところはどんな国のどんな民族の医療でも同じなのです。
前作『鹿の王』がファンタジーでありながら日本医療小説大賞を受賞したのは、そうした医療の本質が説得力をもって描かれていたからに違いありません。


もちろん、ファンタジーとしてしっかりとした世界観が確立されているところも、政治や権力闘争を描く骨太の大河小説であるところも、「鹿の王」シリーズの大きな魅力です。
さらに今作ではホッサルとミラルの恋愛小説としての見どころも大きいと感じました。
ホッサルはオタワル王国の末裔で、いわば王子ともいえるような身分の高い人ですが、ミラルはただの平民です。
身分違いであり、決して結ばれることはないとわかっていながら恋愛関係になったふたりですが、ホッサルに縁談が舞い込み、ついにふたりは引き裂かれてしまうのかという展開が、東乎瑠帝国の次期皇帝争いとともに語られていきます。
ホッサルとミラルが離れ離れになり、もうだめなのかなと切ない気持ちになった後で、思わぬ展開により未来への希望を見せてくれる結末にはしびれました。
タイトルにある「水底の橋」にはさまざまな意味が込められていると思いますが、そのひとつが、ホッサルとミラルのあいだをつなぐものの象徴としての意味なのだろうと思います。
かつては水上に架かっていた橋が、水没して渡れなくなっても、もともとつながっていたならまた渡る方法はきっとある。
渡れなくなった橋を再び渡る方法を探るというのは、政治でも、医療でも、恋愛以外の人間関係においても、同じように大切なことだと感じます。


物語自体も面白かったですが、最後の著者のあとがきにも心を強く動かされました。
今年の3月、緊急事態宣言が出る直前に書かれたという文庫版あとがきの言葉がどれも力強くて、胸に響きます。
そう、ホッサルとミラルが全力で患者に向き合い、時に病魔の恐ろしさにおののきながら、それでもくじけずに何度でも命を救う闘いに身を投じていくように、今この瞬間も、厳しい現場で闘い続けている医療従事者が世界中にいるということを常に心に留めて、この先も自分にできることを頑張ろうという勇気をもらいました。
☆4つ。




●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp

2020年7月の注目文庫化情報


例年なら夏は文庫フェア真っ只中なのですが、今年はやっぱり盛り上がりに欠ける気がします。
ようやく書店にも買い物に行けるようになりましたが、あまり長々と滞在するのはよくないかなと気が引けてしまうのがつらいところ。
逆に言うと、まだまだ家で過ごすために読む本は必要だということですね。
オンライン店舗もうまく利用しながら夏のステイホームを快適に楽しく過ごす工夫をしたいと思います。
今月は好きなシリーズの新作が2作 (「ビブリア古書堂」シリーズと「ビストロ・パ・マル」シリーズ) も文庫化ということで、楽しみです!