tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『魔王城殺人事件』歌野晶午

魔王城殺人事件 (講談社文庫)

魔王城殺人事件 (講談社文庫)


星野台小5年1組の佐藤翔太たちは、探偵クラブ「51分署捜査1課」を結成する。二学期最初の活動は、町はずれに建つ洋館“デオドロス城”のガサ入れ。潜入直後、突然ゾンビ女(?)が現れ、庭の小屋の中で消失する。後日、再潜入した翔太らは、今度は小屋の中で死体を発見する。本格ミステリの楽しさ満載の一冊。

久しぶりに読む歌野晶午さんは、ジュブナイルミステリのレーベル、講談社ミステリーランドの1冊。
まさにジュブナイルミステリのお手本といえるような王道の展開に、童心に帰るようで楽しい気持ちになりました。


小学5年生の「ぼく」こと佐藤翔太は、同じクラスで同じ班の男子である「KAZ」と「おっちゃん」とともに、「51分署捜査1課」として探偵活動を開始します。
近所の洋館に忍び込んだ彼らは、密室からゾンビのような女が消え失せるというミステリーに遭遇し、その謎を解くため、同じ班の「タキゾノキヨミ」と「桂木さん」という2人の女子も加えて再び洋館へ向かいます。
51分署捜査1課の面々が同じ密室の中で見たものは今度はなんと男の死体、しかもその死体はまたもや煙のように消え失せてしまいます。
小学校中学年~高学年くらいの子どもたちが探偵団を結成する、というのはわりとよくある設定ですね。
ミステリだとか推理だとかに興味を持ち、それが探検や冒険に結びつくのがちょうどこれくらいの年齢なのかなと思います。
単なる探偵ごっこ、のはずが本物の事件に遭遇してしまう、というのもこの種のジュブナイルミステリの定番でしょうか。
登場する子どもたちも個性がはっきりしていて役割分担ができているのがいいですね。
帰国子女で何かとリーダーシップをとりたがるKAZ、ちょっと太めで臆病なところのあるおっちゃん、中学受験を目指す学級委員長のタキゾノキヨミ、おとなしく控えめな桂木さん。
そんな4人の個性が、主人公である「ぼく」の視点でしっかり描かれています。
「ぼく」はというと、冷静で頭のいい子だなという印象を受けました。
リーダーの座こそKAZやタキゾノキヨミに譲っているものの、なかなかのしっかり者で、51分署捜査1課の中では一番堅実な役回りをつとめています。
彼の冷静な観察眼のおかげで、謎解きの面白さをしっかり味わえました。


謎解き自体も、密室から死体が消え失せるというわかりやすさがとてもよいと思います。
ミステリに興味を持ち始めた子どもたちにぴったりのわかりやすさですね。
しっかり伏線を張って、ひとつひとつの謎に対して丁寧に説明しながら解き明かしていく過程も好印象。
大きなしかけやどんでん返しがあるわけではありませんが、誰でもなるほどと納得できる謎解きです。
最終的な探偵役が子どもたちではなく (あれこれ推理はしますが)、タキゾノキヨミのいとこであり刑事である「ヒデ兄」であるというところも、私はよかったと思います。
さすがに本物の殺人事件を解決するのが子どもというのは現実離れしていますし、探偵ごっこをするのはいいけれど本物の事件など危険なことに巻き込まれた場合は信頼できる大人に相談するんだよ、という教育的配慮としても、ヒデ兄の登場にはホッとするものがありました。
パンクロッカーのような格好をしているヒデ兄は外見に似合わずまともな大人で (刑事なので当たり前ですが)、子どもたちが勝手に人の家に入り込んだことを諭す場面もとてもよかったです。
全体的に、子ども向けミステリとして非常に丁寧に気を配って書かれた作品だと感じます。
それだけに、細かいところで気になる部分もありました。
たとえば、「ぼく」が「ゲームボーイを持ってくればよかった」と思うシーンがある一方で小学生が携帯電話を持っていたりヒデ兄がタブレットPCを使っていたりするところ (時代設定は一体いつ?) や、タキゾノキヨミが「『小さな』は形容詞ではなく形容動詞だ」と言うところ (正しくは連体詞のはず)。
「ぼく」はお父さんかお母さんのお古のゲーム機で遊んでいるのかも、とか、実はタキゾノキヨミはそれほど成績優秀ではないのかもしれない、などといった解釈をすることは可能ですが、どうも他の部分の丁寧さとの整合性が取れないという印象がぬぐえず、もやもやしてしまいました。


もやもやする部分もあったものの、物語の展開や謎解きにおいて欠点となるようなものではありません。
非常にオーソドックスなミステリで、死体は出てくるものの暴力的な場面はなく、子どもにも安心して薦められる作品です。
教育的配慮もありながら説教臭くもなく、大人も子どもも気持ちよく読める堅実な1冊でした。
作者のあとがきもなかなか面白かったです。
☆4つ。

『AX』伊坂幸太郎

AX アックス (角川文庫)

AX アックス (角川文庫)


「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子の克巳もあきれるほどだ。兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。引退に必要な金を稼ぐために仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。物語の新たな可能性を切り拓いた、エンタテインメント小説の最高峰!

グラスホッパー』『マリアビートル』に続く、伊坂さんの殺し屋シリーズ第三弾になります。
とはいえ、過去作とのストーリー的なつながりはあまりないので、本作から読み始めてもまったく問題ありません。
もちろん、シリーズ読者であれば、懐かしいキャラクターの名前が出てくるたびにうれしくなります。


今回の主人公は「兜」という名で殺し屋をしています。
けれども、それは裏の顔であり、表は文具メーカーで営業をやっている普通のお父さんです。
ところがひとつ普通でないところがあり、それは少々度が過ぎていると思われるほどの恐妻家であるということ。
妻の機嫌を損ねないことに命を懸けているといってもいいくらいで、そんなに気をつかわなくても……とあきれるというか笑えるというか。
別に横暴な奥さんというわけではなく、兜が一方的に奥さんに忖度していて、おそらく奥さんの方は旦那を尻に敷いているという自覚はないだろうなという点が余計に笑えます。
おそらくこれは兜にとっての愛情表現なんだろうなと思いました。
実際、奥さんへの愛情は年月を経て冷めるどころか深まっていると自分で言っていますし、夫婦関係は世間一般の他の夫婦と比べてもいい方でしょう。
殺し屋という殺伐とした裏稼業があるからこそ、表の顔である家庭では波風を立てたくない、平和に過ごしたいということならその心情は大いに理解できますし、兜の努力がいじらしくも思えてきます。
また、兜は有能な殺し屋ですが、実際のところは殺し屋から足を洗いたいと願っています。
でもなかなか辞めさせてもらえない、というところが気の毒で、殺し屋なのに同情し、感情移入してしまいます。
そのためか、今作は殺し屋が主人公でもあまり怖くない、それどころかほのぼのとしたところもあって楽しい物語という印象が強くなっています。


けれどもそこは伊坂作品、中盤の思わぬ急展開には驚かされました。
そこから終盤に向けて一気に伏線が回収されていく様は爽快としか言いようがありません。
兜のなにげない言葉も行動も、こんな細かいところにまで伏線が張りめぐらされていたのかと驚くばかりでした。
あるシーンなどは強烈な既視感を覚えて、思わずページをさかのぼってしまったほど。
この周到な伏線とその回収こそ、伊坂作品の醍醐味だなあと幸せな気持ちになりました。
兜本人がどこまで意図的だったかはわかりませんが、先々のことを考えて、まさに伏線を張るようにさまざまな「仕込み」をしていくあたり、やはり兜は殺し屋として非常に優秀だと思います。
また、その優秀さには、恐妻家であるということも少なからず関係していたのかもしれません。
妻の顔色をうかがい、妻との会話に細心の注意を払い、対応方法を常に頭の中で考えていて、瞬時にその方法を実践する。
兜が殺し屋の仕事を始めたのはかなり若い頃だったようですが、それでも殺し屋だから恐妻家になったわけではなく、恐妻家として得たスキル (?) が図らずも殺し屋の仕事にも応用されたのではないかという気がします。
そう考えるととても愉快な気持ちになって、ますます兜のことが好きになりました。


少し切ないけれど、ユーモアがあって笑える物語です。
過去2作はかなり暴力的な場面も多く殺伐とした雰囲気でしたが、今回は殺しの場面はもちろんあるものの、最初から最後までとても楽しく読み終えることができました。
殺し屋シリーズの中で一番好きです。
☆5つ。




●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp
tonton.hatenablog.jp

『ファーストラヴ』島本理生

ファーストラヴ (文春文庫)

ファーストラヴ (文春文庫)


父親殺害の容疑で逮捕された女子大生・環菜。アナウンサー志望という経歴も相まって、事件は大きな話題となるが、動機は不明であった。臨床心理士の由紀は、ノンフィクション執筆のため環菜や、その周囲の人々へ取材をする。そのうちに明らかになってきた少女の過去とは。そして裁判は意外な結末を迎える。第159回直木賞受賞作。

恋愛小説のイメージが強い作者でこのタイトルですが、今回は恋愛小説ではありません。
恋愛がまったく出てこないというわけではないけれど、タイトルの「ラヴ」は恋愛に限らずもっと広義の「愛」を指しています。
真の愛情とは何かということについての示唆に富んだ物語でした。


臨床心理士の由紀は、父親を殺害した容疑で逮捕された大学生・環菜についての本を書くため、彼女や彼女の周りの人々への取材を始めます。
環菜はアナウンサー志望で、キー局の面接を辞退した直後に画家の父親を包丁で刺したとされ、環菜のすぐれた容姿もあって事件は世間で大きな話題になりました。
父親を殺した動機は自分でもわからないと供述した環菜。
由紀は臨床心理士という立場から、取材というよりはカウンセリングをするかのように、環菜から少しずつ生い立ちや事件に至るまでの経緯を聞き出していきます。
淡々とした文章が、このカウンセリングの物語によく合っているように思います。
少しずつ明らかになっていく環菜の生育環境は、予想通りいいとは言えないものでした。
父親からも母親からも、まっとうな愛情を受けていなかったのではないかという疑いは序盤からありますが、その後予想以上にひどい少女時代のできごとが明らかになっていき、重く悲しい気持ちにさせられます。
けれども、それは同時に、環菜が救われていく過程でもあるのです。
なぜならこれはカウンセリングだから。
心に傷を負った人を救うために、隠していた闇を明るみに出し、何が問題だったのかを本人も理解して解毒していくための。
だからこそ、読んでいてつらい部分が途中いくつもありながら、最後はすがすがしい気持ちで読み終えられました。


そして、その「カウンセリング」で救われていたのは、実は由紀自身でもあるのだろうと思います。
環菜の国選弁護士になった迦葉 (かしょう) は、由紀の夫・我聞の「弟」で、由紀とは同じ大学の同期生です。
そして、由紀と迦葉の間には何か秘密があることが、序盤からほのめかされています。
その秘密も物語が進むにつれ徐々に明かされていくのですが、由紀が自分の過去と向き合い、迦葉の心の傷とも向き合うことができるようになったも、環菜に会って話を聞くようになったからこそでしょう。
環菜と由紀は、似た種類の心の傷を抱えていました。
由紀はある人との出会いをきっかけにその心の傷を癒し、乗り越えるのですが、残念ながら環菜にはそんな機会がなかったということが、事件につながったのだろうと思います。
由紀も環菜も、心に傷を負うことになったきっかけのできごとは、人によっては「そんなことでそんなに傷つくの?」と思うかもしれないようなことです。
けれども誰もが強靭な精神力を持っているわけではないし、少女時代に受けた心の傷がどれほどその後の成長や人生に悪影響を及ぼすかということを考えると、「そんなこと」と思えるようなことでも軽視すべきではなく、いかに周りの人間が配慮できるかが重要になってくるのだと思います。
環菜がもう少し早く由紀に出会って適切なカウンセリングを受けていれば事件は回避できたのかもしれない、と思うと切ないですが、結果的に由紀も環菜の事件があったからこそ救われたのだと思うと、読者としても救われた思いでした。


本作には実はもうひとり、心に傷を抱えたまま生きていると思われる人物が登場します。
どうかその人も救われてほしいと願いながら本を閉じました。
静かな雰囲気の中に、救済と再生の光が差し込む優しい物語でした。
☆4つ。