tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『星の子』今村夏子

星の子 (朝日文庫)

星の子 (朝日文庫)

  • 作者:今村夏子
  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: 文庫


ちひろは中学3年生。
病弱だった娘を救いたい一心で、両親は「あやしい宗教」にのめり込み、その信仰が家族の形を歪めていく。
野間文芸新人賞を受賞し本屋大賞にもノミネートされた、芥川賞作家のもうひとつの代表作。

今村夏子さんの作品は『あひる』しか読んだことがありませんでしたが、物語全体に流れる不穏な空気が強烈に印象に残っています。
本作もやはり不穏で、終始なんともいえない不安な気持ちをかきたてられる作品でした。


不穏な要素のひとつとして、本作には新興宗教団体が登場します。
その宗教の教えがどのようなものであるのかは、あまり具体的に書かれていないので想像するしかないのですが、「からだにいい水」などの効果不明なグッズを売っていたり、主人公のちひろがあまり十分な食事を与えられていないようだったりするところから考えて、完全に無害な宗教だとは考えにくく、「カルト」だといっていいのではないかと思います。
ちひろが幼少期に身体が弱く、心配した両親がこの宗教団体の水に出会い、そのおかげで (?) ちひろが健康になったことから、両親はその宗教にのめりこんでいくようになります。
やがてちひろの姉は家出し音信不通となり、その後ちひろは叔父や叔母から「高校に進学したらうちから通わないか」と暗に両親から離れることを勧められますが、結局最後までちひろの生活は何も変わらず、最後の場面においても日常が変わらず続いていくことが示唆されています。
読みようによってはちひろというひとりの少女の、カルト宗教に関わっているということ以外は何の変哲もない日常生活を描いただけの物語と読むこともできるでしょう。
実際、ちひろは特に自分の生活にあまり不満は抱いていないように読めます。
食事が不十分なせいでお腹をすかせてはいるようですが、宗教団体の集まりでは年齢関係なくたくさんの友達がいて、学校でも自分の味方になってくれる人が少ないけれども存在していて、両親との仲も悪くない。
でも、だからこそ、読んでいて不安になるのです。


たとえば、ちひろの食事シーン。
育ち盛りの子どもがこんな食事でいいのか、といいたくなるような内容で、見方によってはこれは虐待でしょう。
ですが、ちひろの両親は決して悪人ではなく、食事内容はおそらく宗教の教義に基づくものであって、そこに悪意はみじんもありません。
それどころか、彼らがいかにちひろを愛しているか、それがよくわかる場面で物語が締めくくられています。
でも、だからこそたちが悪いともいえるのではないでしょうか。
両親は自分たちの行いがちひろにとってよくないことだとは思わないでしょうし、ちひろ自身も両親の愛に何の疑いも持っていません。
そうなると、ちひろはこの両親と関係を断つことはないでしょうし、それは宗教との縁も切れないということを意味します。
そこに不安感があるのです。
本当にちひろはこの宗教を信じ続けて大丈夫なのか。
ちひろ自身が宗教に不審を抱かなかったとしても、これからの人生の中で宗教が原因でちひろのことをよく思わない人も出てくるでしょう。
成長するにつれて人間関係も広がり複雑さを増していくはずですが、宗教がちひろの人間関係を困難にしないか、ちひろは対処していけるのか。
読後もそんな思いが次々に浮かび上がってきて、胸がざわつきます。


他にも、ちひろが恋心を抱く中学の先生が、顔は美形のようですが性格の方は難ありで、ちひろに対し乱暴な言葉を投げつける場面はぞっとせずにはいられませんでした。
見た目には特に何の問題もない人がカルト宗教に関わっていたり、暴力的な側面があったり、そういう二面性の恐ろしさに気づくたびに心がざらついて落ち着かなくなる、そんな物語でした。
☆4つ。




●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp

『アンソロジー 初恋』アミの会 (仮)

アンソロジー 初恋 (実業之日本社文庫)

アンソロジー 初恋 (実業之日本社文庫)


甘くて切ない、大人の「ファーストラブ」。数多くの傑作アンソロジーを生み出してきた実力派女性作家集団「アミの会(仮)」が贈る、極上の恋愛小説集。中学校で人気者だった女の子と再会した私。彼女が好きだった男性は…(「レモネード」)。妻の勧めでドイツ語教室に通い始めた夫。隣に座る女性が気になるが…(「アルテリーベ」)。ノスタルジックな9つの「初恋」の物語。オール書き下ろし。

女性作家によって結成された「アミの会 (仮)」のアンソロジーが気に入って、新刊を見つけては買って読んでいます。
毎回決まったテーマに沿った短編が収録されるのですが、今回のテーマは「初恋」で、参加された作家さんは9名。
九人九色の「初恋」にまつわる物語を堪能しました。
それではさっそく各作品の感想を。


「レモネード」 大崎梢
30代の半ばに差しかかった女性が、中学時代の同級生に偶然再会し、それをきっかけに中学時代の恋のことを思い出します。
物語後半に恋の結末が明らかになるのですが、ちょっと意外な顛末でありながら、「初恋」ってこういうものかもなあと感慨深い気持ちになりました。
甘酸っぱいけれど甘すぎない、まさに「レモネード」のようなお話。
本作に描かれたさまざまな「初恋」の中では一番王道なのではないかと思います。


「アルテリーベ」 永嶋恵美
タイトルの「アルテリーベ」はドイツ語で、4つの意味を持つ言葉なのだそうです。
その4つの意味に沿った話が4つ語られますが、4つの話はすべて関連しており、最後には急展開して思わぬ結末を迎えます。
なんとも切なく、まっすぐで、悲しい「初恋」に、胸が詰まりました。
一途な想いを貫いた主人公には幸せになってほしかったなあ……。


「再燃」 新津きよみ
「還暦同窓会」に参加して初恋の人と再会した女性の一人称で書かれた物語です。
「同窓会で初恋の人に再会」という設定自体はありふれたものですが、結末はなかなか意表を突くものでした。
実はこの話の中にはふたつの「初恋」が描かれていた――というところが好きです。


「触らないで」 篠田真由美
篠田真由美さんは「アミの会 (仮)」のアンソロジーに寄稿されている作品のすべてに共通して、女主人が営む古物店を登場させているのですね。
今まで私が読んだ作品ではいつも脇役だったその古物店の女主人が、今回は主人公になっています。
古物店という、ちょっとミステリアスなイメージの商売にふさわしく、物語もミステリアス。
芸術家の女性の「初恋」物語が不思議で奇妙で、とても印象的でした。


「最初で最後の初恋」 矢崎存美
男子大学生と、その友人のおばあちゃんが、一緒に人気のスイーツを食べに行くなどのデートを重ねていくというほのぼの系の話です。
スイーツがおいしそうでお腹が減るし、おばあちゃんが語る亡き夫の話はほっこりするしで、読んでいてとても気持ちのよい物語でした。
昔は恋愛結婚は珍しく、おばあちゃんも見合いで夫となる人と出会ったのですが、間違いなくおばあちゃんはその夫に対して「初恋」をしていたのだなあとしみじみしました。


「黄昏飛行 涙の理由」 光原百合
「潮ノ道」という瀬戸内海に面した観光地を舞台にした物語です。
光原百合さんが住んでおられる広島県尾道市をモデルにしていることは明らかで、もしかして登場人物にもモデルがいたりして、などと想像するのが楽しいですね。
「初恋」というタイトルの幽霊画をめぐる物語で、多少怪談っぽいところがなくはないのですが、同じFM局に勤める男女のコンビがいい味を出しているほのぼのラブストーリーでした。


「カンジさん」 福田和代
デイケア施設の利用者である認知症の千代子さんが「初恋の人だ」と語る「カンジさん」という男性。
「カンジさんと結婚し幸せな家庭を築いた」という話を語る千代子さんでしたが、千代子さんの夫の名前は「カンジさん」ではなく、その話を聞いた家族を動揺させてしまいます。
認知症の人だから、何か夢物語のようなものと現実とを混同しているということかなと思いきや、物語は意外な方向へ。
最後の2行には背筋がぞくりと寒くなりました。


「再会」 柴田よしき
これも時が経ってから「初恋の人」に再会するというお話です。
ただその再会の仕方がとても独特で印象的でした。
本作の舞台となっているのは、安楽死法と呼ばれる法律により本人が望めば安楽死できる国になった日本です。
これは将来本当にそうなってもおかしくない設定だと思い、とても興味深く読みました。
この設定が「初恋の人との再会」という物語のテーマにきれいに結びついているのがよかったです。


「迷子」 松村比呂美
35歳の「おひとりさま」女性が見合いをすることになるのですが、なんとその見合いの相手が、迷子になっていたところを偶然助けた男の子の父親だったという話です。
男の子を通して進んでいく見合い話が微笑ましくて、こんなお見合いもありだなあと思いました。
本作で描かれる「初恋」もとてもかわいくて思わず頬が緩みます。
登場人物みんな幸せになってほしいと思える、あたたかい物語でした。


「初恋」というテーマで似たような設定もなくはないものの、切り口は本当に9人それぞれで、いろいろな「初恋」があるものだなと思わされました。
どれもさすがの水準の高さで、今回も大満足のアンソロジーでした。
☆4つ。




●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp
tonton.hatenablog.jp

『この世の春』宮部みゆき

この世の春(上) (新潮文庫)

この世の春(上) (新潮文庫)

この世の春(中) (新潮文庫)

この世の春(中) (新潮文庫)

この世の春(下) (新潮文庫)

この世の春(下) (新潮文庫)


ごめんくださいまし──。宝永七年の初夏、下野北見藩・元作事方組頭の家に声が響いた。応対した各務多紀は、女が連れていた赤子に驚愕する。それは藩内で権勢をほしいままにする御用人頭・伊東成孝の嫡男であった。なぜ、一介の上士に過ぎない父が頼られたのか。藩中枢で何が起きているのか。一夜の出来事はやがて、北関東の小国を揺るがす大事件へと発展していく。作家生活三十周年記念作。

宮部みゆきさんの作家デビュー30周年記念として刊行された作品です。
個人的には宮部さんは社会派ミステリの印象が強いので、そちらの方が読みたかったな、なんて、これは私の勝手な希望ですね。
時代小説が苦手だった私がその苦手をある程度克服できたのは、宮部さんの作品のおかげでした。
それを思えば、記念作品が時代小説でよかったのかもしれません。


それに何より、時代小説だろうと現代ミステリだろうと、宮部さんが描きたい主題にはそれほど大きな違いがないように思います。
本作の主人公・各務多紀は、離縁されて実家に出戻り、隠居した父親の身の回りの世話をして暮らしている女性です。
その離縁の理由は、物語が進むにつれて少しずつ明かされていくのですが、読んでいて「これはひどい!」と本気で腹を立ててしまうような事情が描かれていました。
多紀がいかに深い傷を心に負ったか、容易に想像がつきます。
そんな多紀が、本人も想像すらしなかった思わぬ経緯からお仕えすることになるのが、北見藩の藩主の座から若くして退いた北見重興です。
重興は「押込 (おしこめ)」、つまり周りの重臣たちに「藩主として不適当」と判断され、強制的に引退・隠居させられたのですが、その原因は、重興がたびたび別人のように豹変するからだという、驚くような事情でした。
一体重興の身に何が起こっているのか、これが本作の最大の謎であり、多紀が重興の他の家臣や医師たちとともに謎解きに立ち向かっていくことになるのですが、やがて明らかになる重興の過去、そしてその過去のできごとにより心に負った深い深い傷は、恐ろしく、おぞましく、悲しいものでした。
これほどの心の傷には、事情は違っても同じく心に傷を抱えた多紀にしか向き合えなかっただろうということが、強い説得力をもって胸に迫ってきます。
こうした、心に傷を負った人々へ優しくあたたかいまなざしを注ぐような物語は、宮部さんの真骨頂ですね。
多紀と重興がそれぞれに自らの傷を乗り越え、心を通わせあっていく様子に、心を打たれます。


多紀や重興のみならず、他にもさまざまな事情を抱えた人物たちが続々登場するところも本作の大きな魅力です。
特に下女として働く14歳の少女・お鈴の健気さが印象的です。
彼女は雷害による大火事で家族を失い、自身もひどいやけどを負って、顔にやけど跡が残っているのですが、不幸な身の上の彼女に対する、周囲の人々の優しさや思いやりに泣かされました。
多紀のいとこである半十郎も、実直でそれゆえに不器用なところが憎めない人物なのですが、重くなりがちな物語の雰囲気を明るくする役割を果たしていて好印象です。
正義感は強いけれど、直情的なためにヒーロータイプにはなれない、そんなお侍さんですが、酒好きだったりほどほどに遊んだりしているところも、人間臭さにあふれていていいなと思いました。
そして、重興の別れた正妻である由衣の方が、出番は少ないのに非常に印象の強い人物です。
謎解きの根幹にかかわるネタバレになるので詳しくは書きませんが、本作は重興と由衣の方との美しいラブストーリーでもあるのだと思います。
時代小説における夫婦関係というと、特に身分が高い人の場合、戦略結婚のように家同士の事情が本人たちの気持ちよりも重んじられるものという印象がありますが、重興と由衣の方もお家の事情による婚姻でありながら、こんなに清らかでまっすぐにお互いを想いあう恋愛関係は、現代もののラブストーリーでもなかなかお目にかかれないのではと思うくらいの美しさでした。
ふたりの想いに多紀が触れる終盤の展開と、この美しい恋物語の結末に、鼻の奥がツンとしました。


序盤はホラーっぽいと思えるところもあったのですが、実のところ怪談でもなんでもなく、現代にも通じるような、人間の闇と、心の傷と、それを癒す過程とを描いた物語でした。
おぞましい場面や、恐ろしい描写もありますが、それ以上に作者の優しいまなざしが強く感じられ、救いのある物語になっています。
何より謎解きの過程は、舞台が江戸時代だというだけで、現代ミステリのそれとそう変わらないものだったのがうれしかったです。
宮部さんの極上ミステリを堪能することができました。
☆5つ。