tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『さよならの儀式』宮部みゆき


親子の救済、老人の覚醒、30年前の自分との出会い、仲良しロボットとの別れ、無差別殺傷事件の真相、別の人生の模索……淡く美しい希望が灯る。宮部みゆきがおくる少し不思議なSF作品集。

宮部みゆきさんのSF短編集なんて珍しいな、と思いましたが、よく考えれば宮部さんの初期作品にはSFの名作がたくさんあったのでした。
『龍は眠る』『鳩笛草』『クロスファイア』『蒲生邸事件』――どれも夢中になって読んだものです。
久しぶりに宮部さんのSFが読めるのはうれしい限りでしたが、初期作品に目立った超能力ものは今回の収録作にはなく、宮部さんの作品としては異色の物語が多い印象を受けました。
収録作品8作それぞれ、同じSFとはいえテーマや素材はバラバラで、いずれも個性的な物語でしたので、ひとつずつ紹介したいと思います。


「母の法律」
「マザー法」という法律に基づき被虐待児を救済するための養父母制度が導入された近未来の日本が舞台の話です。
この制度により理想的な養父母を得て幸せに暮らしてきた少女・二葉が、ある女性との出会いをきっかけに実の母親について知り、会いに行くことになります。
「マザー法」という法律もそれに基づく養父母制度も、細かいところまでよく考えられていて、なかなかいい制度ではないかと思って読んでいたのですが、ラストの不穏さと痛ましさがなんとも切なく、「理想の母」とは、「理想の子ども」とは……とあれこれ考えずにはいられませんでした。


「戦闘員」
80歳を過ぎた藤川達三が日課の散歩中に気づいた、怪しい防犯カメラ。
その防犯カメラは実は、「侵略者」が人類を観察し、攻撃しようとしている――というちょっと怖いお話です。
正体がよくわからない「侵略者」の不気味さが際立ちますが、その「侵略者」に抵抗し戦おうと立ち上がるのが、独居老人と近所に住む小学生というのがなかなか痛快で楽しくなりました。
宮部さんはかっこいいおじいさんや少年を描くのが非常にうまい作家さんですが、本作もさすがと思わされる出来でした。


「わたしとワタシ」
40代独身会社員の女性がある日、タイムスリップしてきた高校生の自分に遭遇します。
女子高生の自分が未来の自分に対して否定的で辛辣なのが笑えますが、私ももし高校生の頃の私と出会ったらこんなふうに言われそうだなと身につまされる思いがしました。
未来の日本に興味津々だったり、理想通りになっていない未来の自分が受け入れられなかったりという高校生の幼さと、そういう過去の自分を冷静に、少し突き放して見る40代の主人公の成熟ぶりの対比が印象的でした。


「さよならの儀式」
表題作は、これも近未来の日本でしょうか、個人でも汎用ロボットを所有し使用することが当たり前になった社会で、ロボットの廃棄施設を舞台にした物語です。
ロボットが日常生活を共にする存在になると、そのロボットに必要以上に感情移入する人間が出てくるというのは理解できます。
そんな中で、ロボット以上に誰にも顧みられないロボット技術者の悲哀がなんともいえず切ない。
そして、人間よりもAIやロボットなどの人工物の方が大事にされる場面は、すでに今この世界に存在しているのかもしれないと思って背筋がひやりとしました。


「星に願いを」
宇宙人が人間を乗っ取るという怖いお話――と思いきや、ラストのオチは……どう解釈したらいいのでしょうね。
あまりスッキリしない結末でしたが、主人公の女子高生の健気さだとか、女子高生の担任の先生の無神経さだとか、登場人物の人となりの方が強く印象に残りました。
主人公の父親がこれまたフラフラした無責任な人物でイラっとしますが、主人公のまともさに救われます。


「聖痕」
とある調査事務所にやってきた男が、12年前に起きた事件の犯人「少年A」の父親だと名乗り、最近起きた車両衝突事故と、その現場で元「少年A」が見たという<黒き救世主>についての調査を依頼します。
カルト宗教っぽい話ですが、現実のカルト宗教とはちょっと違うような印象もあります。
この話はミステリでもあり、終盤に明らかにされる事実には驚かされました。
そしてその事実こそが、なんとも言えない不気味な読後感を生んでいてぞっとしました。


「海神の裔」
19世紀末にフランケンシュタイン博士が生み出した、死体から新たな生命「屍者」を生み出す技術がヨーロッパで広まり、労働現場や戦場などで屍者が使われるようになったというパラレルワールドが描かれます。
日本のとある村に流れ着いた屍者について、その村の人間が語った話を記録した文書という体裁を取っているのが新鮮です。
屍者はいわゆるゾンビに近いかと思いますが、人間の役に立つロボットのようでもあり、人間との心の交流までもがあるというのが、不気味で恐ろしげな中に心和むようなところもあるという、不思議な読み心地でした。


「保安官の明日」
とある町の保安官の仕事ぶりを描く物語です。
舞台が日本ではなく、アメリカをイメージさせる外国であるという設定が新鮮ですが、物語の方は保安官の仕事の詳細も、町の人々が何をしているのかも謎だらけ。
少しずつその謎が解けていくのはこれまたミステリの手法がうまく使われています。
舞台は全然違っていても、SFのジャンルとしては「海神の裔」に近いというのが興味深いところでした。


個人的ベストは「戦闘員」でしょうか。
主人公の80代のおじいさんが「戦闘員」として覚醒していくというのがなんとも小気味よく感じました。
ちょっと結末がすっきりしないというか、どう解釈したらいいのか迷うものが何作かあって戸惑いましたが、そこも含めてSFなんでしょうね。
不思議で、不気味で、不安定で、でもしっかり宮部ワールドでもある、異色の短編集でした。
☆4つ。

『殺しへのライン』アンソニー・ホロヴィッツ / 山田蘭 (訳)


『メインテーマは殺人』の刊行まであと3ヵ月。プロモーションとして、探偵ダニエル・ホーソーンとわたし、作家のアンソニーホロヴィッツは、初めて開催される文芸フェスに参加するため、チャンネル諸島オルダニー島を訪れた。どことなく不穏な雰囲気が漂っていたところ、文芸フェスの関係者のひとりが死体で発見される。椅子に手足をテープで固定されていたが、なぜか右手だけは自由なままで……。年末ミステリランキング完全制覇の『メインテーマは殺人』『その裁きは死』に続く、ホーソーンホロヴィッツシリーズ最新刊!

年末恒例の各種ミステリランキングの常連となったホロヴィッツさん、今年もこの「ホーソーンホロヴィッツ」シリーズ3作目でランキング上位に入ってくることはほぼ確実でしょうね。
ミステリ好きの期待を裏切らない、フェアプレイ精神あふれるフーダニットに、今回も大いに驚き、感嘆しました。
大掛かりな仕掛けは何もなく、あくまで綿密な伏線とロジックで勝負する、ミステリとしては比較的地味な印象さえある本作ですが、基本をしっかり押さえており安定感があります。


今作の舞台はチャンネル諸島にあるオルダニー島という小さな島です。
その島で開催される文芸フェスに参加することになったホーソーンホロヴィッツ、そして一癖も二癖もある他のフェス参加者や島民たち。
もうこの舞台設定だけで本格ミステリ好きとしてはワクワクしてしまいます。
ミステリとして完全に「フラグが立っている」状態ですね。
何も起こらないわけがないだろうという舞台設定に加え、文芸フェスというイベントは本好きの心もくすぐってくれます。
イギリスにはこのような作家を招いた文芸フェスがたびたびあるのかな、観光も兼ねて行ってみたいな、などと旅心まで喚起されてしまいました。


そんな何も起こらないわけがない本作ですが、事件が起こるのはわりと遅め、物語の中盤に差し掛かってからです。
島内で行われたパーティーで、そのパーティーの主催者でありフェスを後援しているオンラインカジノ経営者が殺されます。
さらにその後、その妻も殺害されてしまいます。
さて一体誰がこの恐ろしい連続殺人の犯人なのか?という謎を、ホーソーンホロヴィッツが追っていきますが、語り手でありワトソン役であり本作の作者 (ということになっている) であるホロヴィッツによる丁寧な描写の中に、全ての手がかりが隠されているのが本当に見事です。
犯人については、作中にメタ的なヒントがいかにも意味深に書かれていることもあり、ある程度は予想通りだったのですが、ホーソーンが真相にたどり着くきっかけとなったある事実が明かされたときには心底驚きました。
すぐにページを遡ってみて、その事実がはっきりと明記されていることを確認して二度びっくり。
こんなにあからさまに明確な手がかりが本文中にあって、もちろん飛ばさずにしっかり読んだはずなのに、それでも真相に気付けないなんて……と、謎解きの役に立てない自分のポンコツぶりを嘆くホロヴィッツに思わず共感を覚えてしまいます。
いやはや、今回もすっかり作者の思惑にはめられてしまいました。


シリーズとしての進展も見られたのが本作のよかったところです。
ホーソーンは自分の過去や私生活についてあまりホロヴィッツに語ることがなく、ホロヴィッツが知らないから読者も知らないまま、という形でホーソーンに関する謎がシリーズを引っ張っているのですが、3作目にしてようやく謎の一端が明らかになりました。
ホーソーンが警察を辞めたきっかけとなったらしき人物が、なんとオルダニー島に住んでいるのです。
因縁の相手との再会に対するホーソーンの反応が興味深いですが、これについてもホロヴィッツの複雑な感情に共感を覚えます。
さらに最終章には非常に気になる展開が待っていました。
この最終盤の「ある出来事」が、今後のシリーズにどう関わってくるのか気になって仕方ありませんが、今はただ続編を待つしかなくもどかしいばかりです。
幸いそれほど待たされることなく、続編の "The Twist of a Knife" は来年2023年に刊行されるとのこと。
翻訳はもう少し先でしょうが、ますます楽しみに待ちたいと思います。
☆5つ。




●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp

KOBUKURO LIVE TOUR 2022 "GLORY DAYS" @大阪城ホール (11/2)

ネタバレ満載のライブレポです。


2019年7月のコブクロ結成20周年ツアーファイナル公演から実に3年4か月ぶり、ようやく、再びコブクロのライブに参加することができました。
配信ライブは観ていましたが、当然のことながら会場に直接足を運んで参加するライブとは全然違いますよね。
いろんなことを乗り越えて、やっと戻ってきた日常に感無量……と言いたいところですが、実を言うとこの何か月か、コブクロどころか音楽から心が離れてしまっていました。
いろんな意味で余裕がなかったということもありますが、娯楽や癒しは別のところに求めてそれなりに満たされていたので、音楽を必要としてはいなかったのです。
そんなわけでグッズを通販で購入した以外はライブ当日までまったく何の準備もしておらず、このツアーに先立ってリリースされた最新シングル「この地球の続きを」も購入すらしていないという、今までにない「コブクロ離れ」の状況で、全然楽しめなかったらどうしようと少々不安を抱えながら開演を迎えました。
――その結果。
いやもう、予想以上に心を動かされてしまった自分がいました。
コブクロのふたりにガシッと心をつかまれて引き戻されてしまった。
初めてコブクロのライブに参加した日に、「コブクロすごい」と思ったあの日に。
改めてコブクロの魅力を実感するとともに、いい意味で変わらないふたりに安心しました。
何年か後に振り返ってみたら、この日のライブがきっと私にとって新たな出発点だったと言えるんだろうなと思います。


はい、ではここからはネタバレ満載で行きますよ。
今回のツアーは事前に何の情報も入れずに参加することを強く強く推奨します。
これからの公演に参加される方は今のうちに回れ右を。


ステージ上にはネオン風の照明が配置されていて、ポップながらシンプルな印象。
その最初の印象どおり、派手な演出はほとんどなく (銀テープもなかったな、そういえば)、 純粋に歌を聴かせようというシンプルな構成のライブでした。
けれども中身は非常に濃密・濃厚でしたね。
それは未発表新曲や新アレンジの曲がたっぷりと披露されて、新鮮味と意外性に満ちあふれていたから。
ライブの幕開けとなる1曲目から、早速できたての新曲「Mr.GLORY」。
楽しいことの始まりを感じさせるような明るい曲調のポップスですが、個人的には歌詞にとても共感できました。
特に2番の「嫌なことは嫌だと たまにはガツンと言ってやればいいさ そんな君を ずっと待ってる人がいる」という歌詞。
嫌なことを嫌とはっきり言ってみたら意外と周りの人たちが好意的かつ優しく受け止めてくれて、なんだかとても気が楽になって生きやすくなった、というのが私がここ1年ほどの間に実際に経験したことでした。
さっすが小渕さん、わかってくれてるわ~と勝手に思い込む私。
いいんです、こういう思い込みが推し活には大事なんです (?)。
2曲目の「今、咲き誇る花たちよ」の後に最初のMCでしたが、途中からバンド紹介も含めて小渕さんひとりがしゃべっている最中、なぜかずっと歌声のようなものが聞こえてきます。
コロナ対策で声出し禁止のはずなのに?と思っていたら、実は黒田さんが発声練習をしていたのでした。
私はスタンド席でステージはかなり遠かったのにそれでも聞こえたということは、ステージに近い席の人たちはけっこううるさく感じたのでは……。


「流星」の後、何やら聞き慣れない前奏が始まったので新曲かと思ったら、「ベテルギウス」で驚きました。
ロック調で少しテンポも速めの「ベテルギウス」はとてもかっこよくて、個人的にはとても好みです。
コブクロのふたり、そしてファンのことを歌にした「Always (laughing with you.)」、MCを挟んで「恋心」と続きましたが、「恋心」を演奏するのは2009年以来だったそうで、あまりに久々すぎて曲名がまったく思い出せませんでした。
そして2011年の活動休止前のツアーで披露された後、音源化されることもなくほとんど幻の楽曲と化していた「恋愛観測」がここで。
最新シングルに収録されたことは知っていたのでセットリストに入ってきたこと自体にそれほど驚きはありませんでしたが、むしろ演奏が始まってすぐに「恋愛観測」だとわかった自分に驚きました。
2011年のツアーで聴いた後は一度も聴いたことがなかったのに、妙なところで記憶力がいいものです。
そして、さらなる驚きが次の曲。
前奏が小渕さんのハープで始まったので、「To calling of love」かな?と思ったのですが、「どんな悲しみにも~」という歌い出しにびっくり仰天。
なんとバラードに生まれ変わった「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」だったのでした。
何の曲かわかると同時に、黒田さんが小渕さんのMC中に発声練習をしていた理由も悟ります。
この曲のためだったんだ、と。
黒田さんの歌声は優しく包み込むようで、それでいてオリジナルバージョンにあった力強さもしっかり残っていて――気づいたら視界が涙でぼやけていました。
ところどころ泣いているようにも聴こえて、歌声に感情を乗せる黒田さんの歌唱力はやっぱりすごいなと感動。
最後の一音が消えるまで誰ひとり拍手をしなかった大阪城ホールのお客さんたちも最高でした。
その後の小渕さんの「今、世界には地下に隠れなければならなくて、太陽が怖いと思っている子どもたちがいるかもしれない、そういう子たちにも寄り添えるような歌を歌っていきたい」という、世相を意識したMCにまた泣かされました。


「時の足音」はこれまた新アレンジで、ミディアムロックと言ったらいいのかな、かっこいい感じにグレードアップしていました。
今回の新アレンジ、どれもこれも前奏では何の曲かさっぱりわからず意外性たっぷりで、元の楽曲のよさも失ってはいなくて、本当に絶妙でした。
「Days」は配信シングルで聴いたときはあまりピンと来なかったのですが、ライブで聴いたらふたりの伸びやかな声がとてもよかったです。
最後はマイクオフアカペラで、ふたりの生声が広い会場に響き渡りました。
ロングMCでたっぷり笑わせてもらった後は、本編最後の盛り上がりコーナー。
新曲「雨粒と花火」はどこか歌謡曲っぽいメロディーで、新曲なのにちょっと懐かしい感じがするという不思議な感覚を味わいました。
「ストリートのテーマ」では声を出せないので手拍子でコール&レスポンス。
これが意外にもとても楽しく、盛り上げ上手なコブクロのエンターテイナーぶりを満喫しました。
最後は「神風」からの「この地球の続きを」。
2025年大阪・関西万博のテーマソングということで、公式キャラクターのミャクミャク様 (私は「様」をつける派です!) がスペシャルゲストで登場しました。
さすがはミャクミャク様、スタンド席からでもやたら視認性が高い!!
コブクロさん存在感で完全に負けてるよ……と思っていたら、間奏で法被を着た小渕さんが和太鼓を披露、これがとてもかっこよくて面目躍如となりました。
相変わらず小渕さんはいろんな楽器を演奏して器用な人だなと感心しながら本編終了です。
そうそう、演奏が終わった後ミャクミャク様がコブクロと一緒に深々と長いお辞儀をしていたのがとても可愛かったなあ。


普段は「ストリートのテーマ」の一節を歌うアンコール呼び込みは、声出し禁止なので手拍子のみで、ちょっとさみしい感じがしつつも新鮮と言えば新鮮でした。
今回のツアーはデビュー当時にレコーディングを一緒にやっていた方がドラム担当ということで、デビュー曲の「YELL ~エール~」、そしてオーラスはまたまた新曲の「足跡」で締めです。
「足跡」は優しい雰囲気のバラード。
小渕さんの愛犬・ロック君が病気であることがわかり、もう残された時間はわずかかもしれないけれど、今一緒にいられることがうれしい……という思いが込められた曲なのですが、小渕さんは本当にこういう曲を書かせたら天下一品ですね。
ペットを飼っている人はもちろんのこと、子育て中の人にもきっと刺さるんだろうなという名曲がまたひとつ誕生です。
ちなみにロック君は治療がうまくいっている部分もあるとのこと、少しでも長く小渕さんと一緒にいられますようにと、そっと心の中で祈りました。


新曲に新アレンジ、懐かしい曲もたっぷり満喫できて、曲数はいつもより少な目ながら、しっかりお腹いっぱいになったライブでした。
黒田さんの歌声は緩急自在で圧巻でしたし、小渕さんの優しく温かい言葉が心に沁みました。
黒田さんがよく「歌でねじ伏せたい」と言っていますが、もう完全にねじ伏せられてしまいました。
3年のブランクなんて、すっかりどこかに飛んで行ってしまったようです。
またここから、私なりのペースでコブクロを応援していこうと思います。
そのためにはまずは日常を頑張らなくてはね。
そう思わせてくれたふたりに感謝です。
ありがとうございました!!


*セットリスト*
01. Mr.GLORY (新曲)
02. 今、咲き誇る花たちよ
<MC>
03. 流星
04. ベテルギウス (新アレンジ)
05. Always (laughing with you.)
<MC>
06. 恋心
07. 恋愛観測
08. あの太陽が、この世界を照らし続けるように。 (新アレンジ)
<MC>
09. 時の足音 (新アレンジ)
10. Days
<MC>
11. 雨粒と花火 (新曲)
12. ストリートのテーマ
13. 神風
14. この地球の続きを
<アンコール>
EN1. YELL ~エール~
<MC>
EN2. 足跡 (新曲)