読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『絶叫』葉真中顕

絶叫 (光文社文庫)

絶叫 (光文社文庫)


マンションで孤独死体となって発見された女性の名は、鈴木陽子。刑事の綾乃は彼女の足跡を追うほどにその壮絶な半生を知る。平凡な人生を送るはずが、無縁社会ブラック企業、そしてより深い闇の世界へ…。辿り着いた先に待ち受ける予測不能の真実とは!?ミステリー、社会派サスペンス、エンタテインメント。小説の魅力を存分に注ぎ込み、さらなる高みに到達した衝撃作!

デビュー作『ロスト・ケア』が話題を呼んだ葉真中顕さんの2作目です。
非常に分厚い本ですが、先が気になって一気に読ませるリーダビリティの高さは前作と同じ。
まだ新人作家なのに安定したクオリティの作品を連続して出せるというのはすごいなと思いました。


都下の防音に優れたマンションで凄惨な孤独死体となって発見された女性、鈴木陽子の生涯をたどる物語です。
「鈴木陽子」という名前も平凡ですが、中身も平凡な女性。
主人公としては地味な感じですが、読み進めるにつれその壮絶な転落人生は決して平凡なものではなかったと、ある意味ショックを受けることになります。
毒親、弟の交通事故死、父の失踪、不妊、夫の浮気、離婚、ブラック企業、自爆営業、不倫、売春――。
これでもかというように陽子の身に降りかかってくる不幸の数々にめまいがしながらも、この人は一体どうなってしまうのだと気になってページを繰る手を止められないのです。
ひとつひとつを見れば、女性なら誰でもひとつくらいは経験しているか、あるいは身近に経験した人がいるだろうと思えるような「よくある不幸」ですが、それらを全部一身に背負ってしまった陽子の不幸ぶりには、胸が痛くなるというよりもただただ呆然とさせられました。
あれもこれもとちょっと詰め込みすぎな感も否めませんが、これだけの壮絶な人生を送っていれば、確かにこの結末にたどり着かざるを得ないかもしれないという妙な説得力がありました。


前作『ロスト・ケア』で介護問題について考えさせられたように、本作でも現代の日本が抱えている問題について大いに考えさせられます。
本作の文中に登場するキーワードの中で、最も印象に残ったのは「自己責任」でした。
陽子の転落人生を読んでいると、どうしてこうなってしまったんだろう、どこかで歯止めをかけ、浮上する道はなかったのかと思います。
同じことを、陽子自身も自分に問いかけるのですが、答えは見つかりません。
陽子の人生は別に誰かに強制されたものではなく、自ら選んできたとも言えるのですが、かと言ってこの転落人生を選ばずに済む道はなかったのかというと、考え込んでしまいます。
陽子は1970年代前半の生まれ、女性の社会進出が徐々に進んできてはいたものの、まだ十分ではなく、「女性に学歴や職業スキルは必要ない」と言われることもままある時代でした。
そのため陽子も特に専門的な知識や技能を身につけることもないまま、短大卒業後OLになるというごく普通の進路を歩みます。
けれども結婚に失敗し、ひとりで生きていかねばならないだけでなく、困窮した母に仕送りをしなければならなくなった、という苦境に陥ったことが、陽子の転落を加速させていきます。
果たしてこれは陽子の「自己責任」だけで片付けられることなのか。
特別なスキルや職歴を持たない女性が誰かを養えるほどのお金を稼ごうと思ったら、選択肢はおのずと限られてきます。
そして、母親と言っても自分を愛してなどくれなかった親を、子が養う義務は本当にあるのでしょうか。
生活保護のような福祉制度が、子だくさんで支え手の多かった旧来の家族制度を基本としていることも、現代にはそぐわなくなってきているのではないかと思えます。
陽子の人生とともに、バブルとその崩壊、阪神淡路大震災地下鉄サリン事件911テロ、リーマンショック東日本大震災と、その時々の日本と世界の大きな出来事が語られますが、これほどの激動の時代において人の価値観や考え方も変わっていっているのに、その変化に社会制度がついていけていない部分があって、陽子のような転落していってしまう人が出てくる一因になっているのではないかと思いました。


ミステリとしても、ラストにちょっとした驚きが仕込まれており、陽子の人生が語られているパートがなぜ二人称で書かれているのかという謎が解け、すっきりする気持ちも味わえました。
救いのなさで読後感は決してよいものではありませんが、読み応えのある、濃密な読書が楽しめる作品でした。
☆4つ。



●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp