読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『君の膵臓をたべたい』住野よる


ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて―。読後、きっとこのタイトルに涙する。「名前のない僕」と「日常のない彼女」が織りなす、大ベストセラー青春小説!

昨年の本屋大賞2位を獲得した大ヒット作品が早くも文庫化されました。
映画の公開が近づいてきているので、その前に読んでくださいね、ということですね。
この出版不況の時代に新人のデビュー作がベストセラーになり、さらには映画化するというのはすごいことだと思い、私も大いに期待して読んだのですが……ごめんなさい、私にはあまり合いませんでした。


何が合わなかったって、どうにも文章が合いませんでした。
主人公は読書好きで友達のいない男子高校生。
彼の語りで物語が進むのですが、高校生の話し言葉の中に時々「僥倖」のような難しめの硬い言葉が混じるのが、私にはかなり読みづらく感じられました。
主人公が読書好きという設定のため、年齢のわりには語彙力があるということを表そうとしてそんな文章になっているのかもしれませんが、ちょっとバランスが悪い気がします。
もともとはライトノベルの新人賞に応募していた作品とのことですが、それなら文章は軽めでも読みやすさを重視したほうがストーリーに集中できてよいのではないかと思いました。
比喩表現もくどさを感じましたし、主人公のセリフ回しもひねくれすぎていてあまり好感を持てませんでした。
また、具体的な固有名詞を使うことをかたくなに避けているのはなぜなのか、気になって仕方ありませんでした。
商標権に配慮しているとかであればわかりますが、主人公たちの旅行先の地名すら出さない (でもどこなのかは内容からすぐ分かる) 理由がさっぱりわかりません。
主人公の名前も終盤まで伏せられているのですが、こちらはしっかり意味があるので、他の固有名詞を伏せているのも何かの伏線なのだろうかと思ったのですが、最後まで読んでも結局意図は不明のままでした。
ちょっとしたことではありますが、気になり始めるとどんどん気になってしまうもので、もう少しさらりと読めればよかったのにと思ってしまいます。


肝心のストーリーですが、こちらは悪くないなと思いました。
何と言ってもこのインパクト抜群のタイトルは秀逸だと思います。
初見では思わずギョッとするタイトルですが、読んでみればなるほどそういう意味か、と腑に落ちます。
ただ、その意味を明かすのが早すぎるのではないかという気がしないでもありませんでしたが……。
それから、単なる闘病悲恋ものではないのも個人的には好印象でした。
ヒロインが難病で余命短い、というとどうしても『世界の中心で、愛をさけぶ』を連想しますが、「セカチュー」とは全く異なるテイストの物語です。
一応ラブストーリーといえなくもないのですが、むしろ高校生の友情と成長を描いた青春物語という印象の方が強く残りました。
主人公がヒロインとの奇妙な交流の果てに大切なことに気付き、新たな一歩を踏み出すラストシーンは、光にあふれていて爽やかです。
人間の命に突き付けられる理不尽な運命、という重い題材を、単純な悲劇として描いていないところがいいなと思いました。
さんざん「泣ける」と煽られているにもかかわらず、私はというと全く泣けなかったのですが (おそらく文章が合わなかったせい……)、必ずしも「泣く」=「感動」というわけではありませんし、読後感が重くも暗くもならず明るく爽快だったのはとてもよかったです。


トーリーが悪くないだけに、文章との相性が合わなかったのが残念です。
私のような文章で引っかかってしまったタイプには、映画の方が合っているかもしれませんね。
原作にない設定やエピソードが追加されているようですし、映画はまた別物として楽しめたらいいなと思います。
☆3つ。

『ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン』小路幸也


明治時代から続く古本屋を舞台にした“東京バンドワゴン”シリーズは、皆様に愛されてついに第十巻目!さて、今回のお話は、真夏の幽霊騒動、そっと店に置き去りにされた謎の本をめぐる珍事、そして突如湧き起こる我南人引退危機!?や研人の高校受験の顛末など、笑いと涙の全四編。堀田家恒例の全員勢揃いの騒々しい朝食シーンや、初公開の堀田家の正月もお楽しみ。結局、「LOVEだねぇ」!

本作で10巻目ということは、毎年4月は「東京バンドワゴン」シリーズを読む月となってから、早くも10年ということですね。
思いがけず長い付き合いになり、しかもまだまだお付き合いが続いていきそうなのが、とてもうれしいです。
今年も無事に堀田家との再会を果たし、変わらぬ部分にも、変わっていく部分にも、ほっこりあたたかい気持ちになりました。


まずは、変わらぬ部分。
サチおばあちゃんによる堀田家+アルファの紹介で復習をしてから物語へ入っていけるこの安心感は、「東京バンドワゴン」シリーズならではだなと思います。
長く続くシリーズであり、登場人物が多いということに配慮してのことだと思いますが、いきなり物語が始まるよりは、こうしてワンクッションを置いて前の巻のことを思い出してからの方が、すんなりと読み始められますね。
そして、家族そろっての賑やかな朝食シーン。
かんなちゃん鈴花ちゃんが成長してきた最近の巻では、ふたりが家族全員の席を決めていくシーンが追加され、これがまたかわいくていいのです。
その後の騒がしくも楽しげな会話、勘一の奇妙奇天烈な創作料理 (?) も、10作目でも決して飽きない楽しさがあります。
勘一の創作料理、今作はわりとまともな方だったかなぁ……。
ネタを考えるのも大変そうですが、ぜひ今後もずっと続けてほしい「お約束」です。
そして、何か事件や騒ぎがあって、一騒動の後解決して、我南人の決め台詞「LOVEだねぇ」が炸裂してハッピーエンド、というのが定型パターン。
マンネリもマンネリですが、この変わらない骨格がしっかりと確立されているからこそ、後に述べる変わっていく部分を無理なくすんなり受け止められるのだと思います。


そして、変わっていく部分。
サザエさん」や「ドラえもん」などとは違って、この「東京バンドワゴン」シリーズでは作中でも時が流れていて、登場人物は1作ごとにひとつ歳をとっていきます。
歳をとるということは、変化を避けられないということ。
花陽ちゃんはすっかりお年頃の高校生になって医学部を目指して勉強に励んでいますし、研人くんは我南人の影響を受けて音楽好きになり、前巻では高校には進学せずにイギリスへ行きたいと言い出して家族と読者を大いに驚かせました。
そんな研人くんの高校受験の顛末が本作で描かれているのですが、そのエピソードがこの巻では一番好きです。
何と言っても最後に研人くんに対し啖呵を切る花陽ちゃんが最高です。
優等生でまじめな印象の花陽ちゃんですが、言うときは言いますね。
それだけ芯が強い子だということでしょうし、堀田家の男性陣に対する痛烈な批判が的を射ていて痛快です。
そんな花陽ちゃんを冷静に見つつ、ツッコミを入れる語り手のサチおばあちゃんにも笑わせられました。
堀田家の女性たちはみんなしっかり者で頼もしくて、だからこそ大家族がバラバラにならず仲良くやっていけるんだろうなと思います。


次巻は花陽ちゃんがいよいよ大学受験ですね。
高校2年ですでに勉強に本腰を入れて頑張っている花陽ちゃんですから、笑顔の春を迎えられるといいなと願っています。
そうそう、誰かは触れませんが、この巻ではおめでた話もあったのでした。
新たな命が誕生するであろう次巻が、早くも楽しみです。
☆4つ。


●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp

『屋上のテロリスト』知念実希人

屋上のテロリスト (光文社文庫)

屋上のテロリスト (光文社文庫)


一九四五年八月十五日、ポツダム宣言を受諾しなかった日本はその後、東西に分断された。そして七十数年後の今。「バイトする気ない?」学校の屋上で出会った不思議な少女・沙希の誘いに応え契約を結んだ彰人は、少女の仕組んだ壮大なテロ計画に巻き込まれていく!鮮やかな展開、待ち受ける衝撃と感動のラスト。世界をひっくり返す、超傑作エンターテインメント!

あらすじを読んで設定に惹かれたので手に取ってみました。
文庫派の私には、文庫書き下ろしは文庫化を待たずに著者の最新作が読めるという点でたいへんありがたいです。


本作はいわゆるパラレルワールドものですね。
二度の原爆投下の後、ポツダム宣言を受諾しなかった日本が舞台となっています。
1945年8月15日以降も太平洋戦争が続行した結果、3つ目の原爆が新潟に投下され、九州は連合軍に、北海道はソ連に侵攻されて、日本は東日本連邦皇国と西日本共和国の二つに分断されました。
それから70年以上経った西日本共和国のとある高校で、自殺願望を持った少年・彰人は、謎の美少女・沙希に出会います。
彰人は沙希の頼みを引き受け、彼女のボディーガードとしてテロ計画に関わっていくことになります。
ポツダム宣言を受諾しなければ連合国ソ連によって日本は二つに分断されていた……というのはなかなか説得力があって、突飛でない分すんなりと設定を受け入れてストーリーに没入できました。
西の大統領、東の書記長など、両国のトップや軍も登場し、緊迫した事態がスピーディーに描写されていき、サクサクと軽快に読めるエンタテインメントです。
内容も重すぎず軽すぎずでちょうどいい感じでした。


が、読んでいる途中はわりと楽しく、面白かったのですが、読み終えてみるとなんだか物足りなさも感じました。
設定はあらすじを読んで惹かれたとおりとても良いと思ったのですが、どうもその設定を最大限には活かしきれていない気がします。
もっといろいろストーリーに広がりを持たせることもできる設定だと思うのですが、ちょっと小さくまとまりすぎてしまったでしょうか。
物語の主眼はテロ計画ではなくボーイ・ミーツ・ガールなのかもしれませんが、それでも惜しいなぁという感想にどうしてもなってしまいます。
また、帯の「あなたは100回騙される!」という惹句にも違和感があります。
個人的には、沙希と彰人が東で会う老人の正体も、西側の首脳陣の中に潜む沙希の協力者が誰かも、大体見当がついてしまったので大きな驚きはなく終わりました。
それでもストーリー的には面白いのだから、出版社のアピールポイントがずれているのか、私がミステリ慣れしすぎて多少のことには騙されなくなってしまっているのか、どちらかわかりませんが、少なくとも私ならこんな惹句はつけません。
そういう意味でも惜しい作品だなという印象になってしまいました。


設定は本当に私の好きなタイプのもので、文章も非常に読みやすく描写も分かりやすいので、もう少しどっぷりとこの世界観に浸らせてほしかったというのが正直な感想です。
結末からすると続編がありそうにも思えるので、ぜひ次はさらにスケールを広げた物語を書いてみてほしいと思います。
☆3つ。