tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『アンソロジー 捨てる』アミの会 (仮)

アンソロジー 捨てる (文春文庫)

アンソロジー 捨てる (文春文庫)


連作ではなく、単発でしか描けない世界がある―9人の人気女性作家が、それぞれの持ち味を存分に発揮し、今大変注目を集めている「捨てる」をテーマに豪華競作!女性作家ならではの視点で、人の心の襞をすくいとり丁寧に紡がれた9篇は、いずれも傑作ぞろい。さまざまな女たちの想いが交錯する珠玉の短編小説アンソロジー。収録作「ババ抜き」日本推理作家協会賞受賞!

女性作家が集まって結成された「アミの会 (仮)」のメンバー9名による、「捨てる」をテーマにしたアンソロジーです。
メンバーは実力派ぞろいなので、読む前から安心感がありました。
よく名前を聞いていて、気になっていながら読めていなかった作家さんの作品にも、アンソロジーだと気軽に出会えていいですね。
ミステリ系の作家さんが多いので収録作品は多少ミステリ寄りという感じはしましたが、ミステリばかりということもなく、さまざまなテイストの物語が楽しめました。
それでは9作品それぞれの感想を。


「箱の中身は」 大崎梢
母親に「捨ててきなさい」と言われた女の子が大事に抱える箱の中身。
その中身に対する女の子の思いがいじらしくて、胸がきゅっとしました。
そっと捨てられ、いや隠されたその宝物を預かる主人公の、子どもへのまなざしのあたたかさに、心がほっこりする物語でした。


「蜜腺」 松村比呂美
これはなかなか背筋がぞくりとする話ですね。
主人公の女性の姑も、職場の同僚も、主人公に対してひどい仕打ちで、同情せずにはいられません。
主人公が取る行動も、その心情は察するに余りあるものがあるのですが、かわいそうという気持ちと、ちょっと怖いという気持ちとが混じり合った、複雑な読後感を味わいました。


「捨ててもらっていいですか?」 福田和代
誰もが他人事とは思えないであろう、近しい親族の遺品整理を題材にした物語です。
祖父の死後、遺された家の片づけをしていたら、とんでもないものが出てきてしまうという展開で、どうなることかとハラハラしました。
主人公の恋人がなかなかいい味を出していてよかったです。


「forget me not」 篠田真由美
これも遺品整理をしていたら出てきた謎の物体を骨董品店に持ち込む、という話です。
きちんと片づけられてはいても、物が多ければ何が出てくるかわからないという点で、遺品整理は勇気や胆力が必要な作業ですね。
ラストの骨董品店の女主人の言葉が非常に印象的でした。


「四つの掌編」 光原百合
ショートショートが4作も楽しめてお得感が強い作品です。
しかもホラーやファンタジーなど、それぞれ読み心地が違って、作者の引き出しの多さがうかがえました。
4つの掌編のうち、私はオスカー・ワイルドの「幸福な王子」を下敷きにした作品「ツバメたち」が一番好きです。


「お守り」 新津きよみ
祖母のお手製のお守りをずっと大事に持ち続けてきた女性が、そのお守りを捨てるという決断をする話。
こういうものは捨てにくい気持ちがよく分かるので、共感しながら読み進めていったら、終盤は思わぬ急展開になって驚きました。
主人公が祖母を思う気持ち、祖母が主人公を思う気持ち、その両方が胸を打ちます。


「ババ抜き」 永嶋恵美
日本推理作家協会賞を受賞した作品というだけあって、同じ会社に勤める3人の女性たちがトランプゲームに興じるうちに、思わぬ事実が次々に明らかになっていく展開が非常に面白かったです。
同じ職場に長く勤めていたら、いろいろ社内事情に詳しくなって、誰しも「秘密」を胸に抱えているもので、その点はそうだよねーと共感できたのですが……それにしても怖い話でした。


「幸せのお手本」 近藤史恵
優しい男性と結婚して、仕事も家事も頑張っている女性の幸福を描いた話かと思いきや、そんな甘いものではありませんでした。
主人公が理想の夫婦像だと思ってきた祖父母の関係の真実が、なんとも悲しい。
主人公自身の無自覚な無神経さの描き方も、うまいなぁと思いました。


「花子さんと、捨てられた白い花の冒険」 柴田よしき
近所の男性が捨てようとしていた白い花のついたパンジーをもらって帰った主人公の花子さん。
普通の主婦が、そんなちょっとした出来事から思わぬ事件に巻き込まれます。
主人公夫婦がなかなかいいコンビネーションで、素敵な夫婦関係だなぁとほっこりしました。


全体的に、人間の恐ろしい一面を描いた作品が多かったなという印象です。
アンソロジーというと密室ミステリだとか動物だとか「もの」や「モチーフ」がテーマになっていることが多い気がしますが、「捨てる」という「行為」をテーマにしているのも新鮮な感じがしました。
短編ならではの面白さも存分に味わえて、満足です。
☆4つ。

『ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~』三上延


ある夫婦が営む古書店がある。鎌倉の片隅にひっそりと佇む「ビブリア古書堂」。その店主は古本屋のイメージに合わない、きれいな女性だ。そしてその傍らには、女店主にそっくりな少女の姿があった―。女店主は少女へ、静かに語り聞かせる。一冊の古書から紐解かれる不思議な客人たちの話を。古い本に詰まっている、絆と秘密の物語を。人から人へと受け継がれる本の記憶。その扉が今再び開かれる。

昨年完結した「ビブリア古書堂」シリーズが帰ってきました!
一応「番外編」という位置づけなのだと思いますが、栞子さんも大輔もしっかりメインの人物として登場し、完結済みの本編シリーズとほとんど変わらない感覚で読めます。
たくさんの実在する本が作中に登場し、栞子さんがそれらの本にまつわる謎解きをするという展開も変わっていません。
シリーズの魅力が全く損なわれることなく保たれていることが、何よりもうれしかったです。


さて、ほとんど事前情報を入れずに本作を読み始めてびっくり。
タイトルにある「扉子」って誰だろう?と思っていたら、なんとなんと、栞子さんと大輔の間に生まれた娘でした。
6歳にしてすでに相当な本の虫、しっかり栞子さんの、いや篠川家の血を受け継いでいます。
そんな扉子に、栞子さんが過去に遭遇した古書にまつわるエピソードを語って聞かせますが、収録されている4つのエピソードのどれもが、人間の嫌な部分が垣間見える物語で、それがなんともこのシリーズらしいなと思いました。
本を題材にしたミステリはたくさんありますが、どちらかというとほのぼの系、心温まる物語が多いように思います。
「本好きに悪い人はいない」と、本好きなら信じてしまいそうになりますが、実際はそんなことはなく、貴重な古書をめぐって醜い争いが起きることもあるなど、人間の悪意や欲深さから目をそらさずしっかり描いているのが本シリーズです。
そういう部分が全く変わっていなかったのはうれしい半面、6歳の子どもに聞かせる話としてはなかなかヘビーだなと思っていたら、扉子はやはり完全には話を理解できていない様子で、母親の栞子さんをがっかりさせたり、心配させたりしています。
「本好き」は悪いことではありませんが、盲目的な本好きと、子どもらしい無邪気さとが合わさった状態の扉子には確かに危うさがあって、栞子さんの不安に思う気持ちがよく分かりました。
ただ、栞子さんもきっと同じような子どもだったはず。
たぶん、成長していく過程でさまざまな経験をして、扉子もいずれは本や本好きの人間が必ずしも善ではないということを理解していくのだろうと思います。


4つの物語の中では、第二話の「俺と母さんの思い出の本」が一番印象的でした。
この作品は他の作品とは少し毛色が違っていて、登場する本が文学作品ではなく、ゲーム関連本やラノベといった、サブカル系の本や雑誌なのです。
謎解きの中心に関わってくる本もゲームに関連したもので、しかも私もよく知っているだけでなくプレイしたことがある好きなゲームだったので、うれしくなりました。
そして、こうしたジャンルには詳しくないと言いつつも、ちゃんと一般人以上の知識を持っている栞子さんに驚き、改めて恐ろしいまでの本好きだと感心しました。
前述のとおり、「ビブリア古書堂」シリーズは人の嫌な部分を描く作品ですが、本作はそれだけではなく最後に心温まる展開があったのもよかったです。
ですが、実は一番心に残ったというか、にやりとさせられたのは、4つのエピソードの前後に挟まれる、大輔が大事にしている本を栞子と扉子が探すという話の結末です。
「大輔が大事にしている本」の正体――、これはもう、「ビブリア古書堂」シリーズを読んできてよかったなと思わせられるほど、素敵な「オチ」でした。
いつかその本を、扉子が読むこともあるのかなと思うと、さらに楽しい気分になりました。


「続編」ではないのでどうかな、などと思っていましたが、しっかりシリーズの流れを汲んだ読み応えのある1冊で、非常に満足できました。
末恐ろしい扉子の成長が気になるので、また同じような形で前日譚や後日譚が読めるとうれしいです。
☆4つ。
ところで、内容とは関係ありませんが、本文中に誤字・脱字が多いのには閉口しました。
校正をまともにやっていないのではないかと疑うレベル。
特に、第二話の主要人物の姓である「磯原」が複数個所で「幾原」になっているのはさすがにひどいと思います。
重版時にはぜひ直していただきたいものです。

2018年11月の注目文庫化情報


秋も深まり、かなり寒くなってきました。
年末の各種ミステリランキングの話題なんかも聞こえてきて、時の速さを感じさせられます。


さて、今月は『希望荘』が一番の楽しみ。
「杉村三郎」シリーズの4作目にあたりますが、前作はかなり衝撃的な展開で終わりましたからね。
その後の杉村がどんな仕事をしているのか、楽しみです。
それから、『みかづき』も単行本刊行時に評判がよかったので楽しみにしています。
「燃え殻」さんの小説はツイッターで話題でしたよね。
なかなか切なげなタイトルですが、中身も切ないのでしょうか。
読書の秋もそろそろ終盤ですが、年末に向けてどんどん読み進めて、積読を減らしたいと思います。