tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『我ら荒野の七重奏』加納朋子

我ら荒野の七重奏 (集英社文庫)

我ら荒野の七重奏 (集英社文庫)


山田陽子は一人息子の陽介を愛するワーキングマザー。トランペットに憧れ、中学では吹奏楽部に入部した陽介は、部活に勉強にと、青春の日々を送る。一方、中学生なんだし、そうそう親の出番もないだろう―そう思っていた陽子を待ち受けていたのは「吹奏楽部親の会」での戦いの日々だった…。部活を頑張る少年少女の陰で奮闘する親たちの姿を描く、笑いと涙の傑作エンターテインメント!

『七人の敵がいる』の続編です。
前作では息子の陽介が通う小学校のPTA役員として奮闘する陽子の姿が描かれましたが、本作は陽介が中学に進学し、吹奏楽部に入部したことから始まる物語です。
タイトルの「七重奏」は「セプテット」と読み、いかにも吹奏楽部を舞台とする部活小説らしい題名――と思ったら大間違いで、本作は普通の部活小説ではありません。
普通は部活動を描く小説といったら、主人公はもちろんその部活に打ち込む生徒であって、涙と笑いと汗にまみれた青春物語ですが、本作の主人公は部活に励む生徒本人ではなく、その生徒の母親なのです。
全くの他人というわけでもないですが、第三者視点から描かれた部活小説というのは珍しいのではないでしょうか。
「涙と笑いと汗にまみれた」という点は、本作にも当てはまるかもしれません――ちょっと意味が異なりますが。


陽子は「ミセス・ブルドーザー」というあだ名がつくくらい、強気で強引で猪突猛進的な女性です。
しかも、ひとり息子の陽介にめっぽう弱く、陽介のためだと周りが見えなくなってしまい、他の保護者や先生たちと衝突してしまうこともしばしば。
前作でもそんな性格のおかげで、PTAで必要以上に自らトラブルを巻き起こしていました。
今回はPTAではなく「吹奏楽部親の会」が舞台となりますが、部活の親の会ならPTA役員よりは規模も小さく仕事の範囲も狭いだろうから平穏なんじゃ?と思ったら、とんでもない。
私自身は「親の会」があるような部活動をやったことがないので、「親の会」といわれてもピンとこず、本作を読んで初めてこんなに大変なの!?とびっくりしてしまいました。
PTA活動も同じかもしれませんが、とにかく雑務が多すぎる。
中には、定期演奏会の会場を予約するために徹夜で並ぶというような、かなりハードでちょっと理不尽な仕事も。
子どもたちをコンクール会場に引率したり、楽器を運んだりするのも、親の会の役員の仕事だとは思いませんでした。
確かにただでさえ忙しい顧問の先生がひとりでできるようなことではありませんが、それにしても親の負担が重すぎるのではないかと思わずにはいられません。
親だってそれぞれ多忙なはずで、特に陽子は役職持ちのキャリアウーマンなので、親の会の用事が入るたびに、仕事の調整に苦労することになります。
しかも、親の会に限らず職場などでもよくあることですが、何もしない人に限って文句ばかり言ってくる。
自らの家庭や仕事を犠牲にして頑張っても、当然ながら一銭にもならないボランティアであり、あまりの大変さと報われなさにげんなりしてしまいました。
さらに、吹奏楽部の場合その活動の性質上、楽器のメンテナンスや楽譜代、外部講師代など、出費も他の文化系部活と比べてかなり多いという現実があります。
中学生の親ってこんなに負担が大きいんだ、これじゃ少子化も進むわ……と思わず納得してしまいそうなほどです。


なんだかマイナス面ばかり書かれているような気がしてきますが、かといって本作は暗さや悲壮さはみじんもなく、むしろコメディータッチの作品です。
ひどいなあ、大変だなあと思いながらも、時折くすりと笑いながら読めるのです。
個人的には陽子が登場人物につけるあだ名のネタの古さがツボでした。
なんだかんだで陽子も結構楽しんで親の会をやってるのかも、と思えるところも多々あります。
それは結局、部活の主人公は実際に部員として活動する子どもたちだから、というところに収束するのでしょう。
親の会の会員たちの中には、モンスターペアレンツと呼べそうな人もいますが (陽子もそのひとりかもしれませんが)、どんな親であれ「自分の子どもが一番かわいい」という点は共通しているのだなあとつくづく思わされました。
そして、そんなかわいい子どもたちのためだからこそ、つらいことも大変なことも理不尽なことも、文句を言いながらであってもなんとかやっていけるのですね。
特に中学生というのは子どもたちにとって一番成長の度合いの大きい時期です。
部活だけではなく勉強に友人関係に恋愛にと、いろいろ急に複雑になって難しい時期でもありますが、子どもたちの成長を間近で実感できるのは、親にとって何よりの喜びなんだろうなと思いました。
陽子の息子・陽介も、序盤はなんだか泣いてばかりという印象だったのが、中学3年となる終盤には、3年間の経験を経てすっかりたくましく成長します。
最後の演奏会の場面は陽子とともに泣かずにはいられません。
序盤から中盤にかけて、親の会の活動内容や人間関係にげんなりしていたのが嘘のように、最後は部活最高、青春ってなんて素晴らしい!と快哉を叫びたくなっていました。


青春のキラキラした輝かしい部分を陰で支えているのが誰で、どんなふうに支えているのかがよくわかる物語でした。
思わず自分の親にも感謝したくなりますね。
全国のお父さんお母さん、毎日お疲れさまです。
☆4つ。




●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp

2019年11月の注目文庫化情報


だんだん寒くなってきて、冬が近づいているのを実感できる季節になりました。
つい最近まで暑い暑いと言っていたような気がするのですが……。


今月は面白そうな新刊がたくさんあってワクワクします。
十二国記は今ちょうど1巻を読んでいますので、3巻と4巻が発売されたらすぐに買って一気読みしようと思っています。
ほかにも読みたい本がたくさんありますが、中でも特に面白そうだと思っているのが、『宮辻薬東宮』です。
タイトルは著者の苗字の頭文字をとってつなげたもので、宮部みゆきさん、辻村深月さん、薬丸岳さん、東山彰良さん、宮内悠介さんの5名によるリレー小説とのこと。
宮内悠介さんだけ読んだことがないのですが、他のメンバーを見れば質は保証されているも同然というものです。
こういう企画ものは大好きなので、読むのが楽しみです。
アミの会 (仮) のアンソロジーは以前に読んだものも面白かったので、これも期待大。
今月も充実した読書生活を送れそうでうれしい限りです。

『幹事のアッコちゃん』柚木麻子

幹事のアッコちゃん (双葉文庫)

幹事のアッコちゃん (双葉文庫)


妙に冷めている若手男性社員に忘年会幹事の極意を教え、敵意むき出しの取材記者には前向きに仕事に取り組む姿を見せ、“永遠の部下”澤田三智子に習い事を通じて時間のうまい使い方を知らせ…周りに生きるヒントを与え続けるアッコさん。そんな彼女にも一大転機が訪れる。読めば明日を頑張る元気が湧く大人気シリーズ第三弾!

『ランチのアッコちゃん』『3時のアッコちゃん』と続いてきた「アッコちゃん」シリーズ3作目です。
本作がおそらく完結編になるのでしょうか?
まだ続けようと思えば続けられる雰囲気の終わり方ではありますが、アッコさんと三智子それぞれに転機を迎え、前2作と比べると大きく物語が動いたという印象で、読み応えもシリーズ中ナンバーワンでした。


相変わらずパワフルでちょっと強引なアッコさんと、1作目の頼りない派遣社員の頃と比べると見違えるほどにたくましく強くなった三智子。
三智子以外の人物がメインで登場する話もありますが、基本的にはやはり三智子とアッコさんの関係が本作の最大の読みどころです。
あの自信なさげで卑屈でさえあった三智子が、派遣から正社員にステップアップし、なんと部下まで持つようになったのは、驚きとともに、よかったねぇとうれしくなりました。
もちろん、三智子が壁にぶつかるたびに叱咤激励し、おかしな方向に行かないように導いてきたのはアッコさんです。
たったひとりのよき上司に出会ったことで人はここまで変われるんだなと思うと、出会いって大切だな、一期一会とはよく言ったものだ、と妙に感動させられました。
ですが、三智子が本当にどうしようもない、見どころのない人物だったなら、いくらおせっかいで面倒見のよいアッコさんでも見限っていたのではないでしょうか。
三智子はもともと「やればできる子」だった。
そしてアッコさんは、人が持つ潜在能力を見定めて引き出すことのできる人だった。
そういう最良の組み合わせだったからこそ、三智子にとって素晴らしい出会いになったのだと思います。
そして、この出会いによって学びを得て成長したのは、実はアッコさんも同じだったのではないかなと、最後まで読んで思いました。
アッコさんは勤めていた会社の倒産という危機を乗り越え、「東京ポトフ&スムージー」という会社を立ち上げて、華々しく成功の道を歩みますが、その成功には三智子が果たした役割も、決して小さくはなかったと思います。
上司と部下という関係だけれど、それだけじゃない。
そんなアッコさんと三智子の関係を心底うらやましく思いました。


三智子以外の人物との関係の中では、アッコさんを内心敵視している記者の女性の話が印象に残りました。
成功者は時に嫉妬や反感を買いますが、この記者もアッコさんを貶めるような記事を書いてネットメディアに載せてしまいます。
もちろん、アッコさんには味方もたくさんいるので、そんなことではびくともしないのですが、自分に敵意のある相手にやり返さず冷たくするでも文句を言うでもなく、淡々と応じるアッコさんが、三智子に対する姿とは印象が違って新鮮です。
しかも、アッコさんはこの記者に、風邪で弱っている自分の姿さえさらけ出しています。
とにかく強い印象のあるアッコさんが、さすがに体調を崩して伏せっているときは弱弱しくて、ちょっとかわいい。
三智子視点で描かれるアッコさんは「スーパーパワフルキャリアウーマン」という印象しかないので、普通の女性としてのアッコさんの姿に、ほっとしてしまいました。
どんなに成功している人だって、自信満々に見える人だって、陰では苦労もしているし、時にはダウンすることもあるのですよね。
当たり前のことながらなかなかそれを想像するのが難しいから、記者のように一方的に敵意を持つ人が出てくるんだろうなと思います。
もうひとつ、アッコさんが若いサラリーマン男性に忘年会の幹事の心得を指南する話も面白かったです。
出席者たちの属性や雰囲気に合わせて、見事なお店チョイスの腕を見せるアッコさん。
私も幹事は苦手なタイプなので、なるほどなぁと感心しながら読みました。
思わぬところで勉強になって、自分もアッコさんの指導を受けた部下になれたようでうれしくなりました。
さて、アッコさんの教えを実践する機会はあるでしょうか?


他にもおけいこ事をいろいろやっていたりして (油絵はともかく、けん玉を習っているとは意外!)、毎日がとても充実していそうで、楽しそうなアッコさん。
最後には新たな人生に踏み出して、新天地でまた面白いことをやっているのが、本当にアッコさんらしいし魅力的だなと思いました。
またいつかどこかで、公私ともにさらに充実したアッコさんと三智子に会えたらいいなと思います。
☆4つ。




●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp
tonton.hatenablog.jp