tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 東京バンドワゴン』小路幸也


明治時代創業の老舗古本屋・東京バンドワゴンは本日も大騒ぎ!先々代の時代に錚々たる文士が寄稿して編まれ、強盗殺人までも引き起こした“呪いの目録”。ずっと封印されていたその目録を狙う不審な男がうろつきはじめた―。さらに、なんと英国の秘密情報部員が堀田家へ乗り込んできた!二代目が留学先から持ち帰ったある本を巡り、勘一、我南人たちはロンドンへ―。人情たっぷりの第11弾!

毎年春の楽しみ、「東京バンドワゴン」シリーズ。
もう11作目にもなったのですね。
東京下町の古書店東京バンドワゴン」を営む大家族、堀田家の面々との付き合いも長くなりました。
登場人物も新作の刊行に合わせて毎年年齢を重ねていて、最年長の勘一に至ってはすでに85歳となりましたが、威勢のよさはシリーズ開始当初から全く変わっておらず、まだまだシリーズは続いていくだろうと思わせてくれるのがうれしいです。


個人的に本作はここ何年かのシリーズ作の中では一番よかったです。
何がよかったって、古いものと新しいもの、両方がうまく物語に取り入れられていたことですね。
四季に分かれた4つの話の中で、1章と2章にあたる春と夏の話は、老舗古書店ならではの、伝統と歴史を感じさせる物語になっています。
東京バンドワゴン」の蔵に封印されている「呪いの目録」は、これをめぐって強盗殺人まで起こったといういわくつきの目録で、日本の近代文学を代表する錚々たる作家たちが寄稿しているお宝なのですが、今回は再びこの目録をめぐる騒ぎが起こります。
これが春の章。
そして夏の章では、勘一の父がイギリス留学から帰る時に持ち帰った古い洋書が騒動を引き起こすことになり、なんと勘一たちが急遽ロンドンへ飛ぶという驚きの展開になります。
どちらも「東京バンドワゴン」が明治時代から続く老舗の店だからこそ起こる事件で、先代・先々代に関わる堀田家の歴史が紐解かれ、ワクワクしました。
古いものには価値があり、まさにその古さという価値を扱う商売をしている「東京バンドワゴン」らしい物語でした。
ロンドンへ行っても江戸っ子まる出しで啖呵を切る勘一じいちゃん、かっこよかったです。


そして秋の章では、なんと堀田家最年少・もうすぐ5歳の鈴花ちゃんとかんなちゃんが「事件」を持ち込みます。
これは今までにない展開で、ふたりの成長ぶりが感じられますね。
作中で紺と研人も言っている通り、「末恐ろしい子たちだな」というのが率直な感想ですが、しっかり堀田家の血筋を引いているところが頼もしいです。
きっと彼女たちはこれからも様々な形で堀田家に持ち込まれる事件や騒動に関わっていくことになるのでしょう。
そんな未来が見える展開に心が躍り、また語り手で故人 (つまり幽霊?) のサチおばあちゃんが紺や研人と新たなコミュニケーション手段を得るのも面白かったです。
かんなちゃんはどうやらサチおばあちゃんのことが見えているようですから、今後のシリーズでは紺や研人を交えて4人でコミュニケーションを取る機会があったりするかも、と想像すると楽しくなってきました。
最後の冬の章は研人を中心に描かれます。
すでに音楽活動でお金を稼いでいて、ちょっとした有名人となりつつある研人。
でも有名になるということはリスクでもあって、インターネット上に研人に対する中傷の書き込みが増えているという、非常に現代的なテーマのお話でした。
研人のみならず、幼なじみでガールフレンドの芽莉依 (めりい) ちゃんまで標的になっていて心配になりましたが、そこは堀田家、人数が多いだけでなく人脈も幅広いですから、それを活かしてベストな解決方法で大団円となりました。
また、医大を目指す花陽ちゃんに関して、なかなか感動的な展開もあり、いつになく目頭が熱くなってしまいました。


堀田家の過去と未来を描いた11作目、非常に満足しました。
これは次作以降も楽しみというものです。
いよいよ医大受験を迎える花陽ちゃんの入試結果がまずは楽しみ。
……と思いきや、次巻は番外編となるので花陽ちゃんの入試結果はさらにその次、つまり2年後までお預けですね。
待ち遠しいです。
☆4つ。


●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp

『我が心の底の光』貫井徳郎

我が心の底の光 (双葉文庫)

我が心の底の光 (双葉文庫)


母は死に、父は人を殺した―。五歳で伯父夫婦に引き取られた峰岸晄は、中華料理店を手伝いながら豊かさとは無縁の少年時代を過ごしていた。心に鍵をかけ、他者との接触を拒み続ける晄を待ち受けていたのは、学校での陰湿ないじめ。だが唯一、同級生の木下怜菜だけは救いの手を差し伸べようとする。数年後、社会に出た晄は、まったき孤独の中で遂にある計画を実行へと移していく。生きることに強い執着を抱きながらも、普通の人生を捨てた晄。その真っ暗な心の底に差す一筋の光とは!?衝撃のラストが心を抉る傑作長編。

貫井さん、相変わらず容赦がないなあ……とある意味感心してしまいました。
ここまで救いのない話を書ける作家さん、なかなかいませんよ (褒めてます)。
モノクロの装丁のイメージそのままの、暗めの物語です。


物語は主人公の晄 (こう) の少年時代から青年時代までを描いています。
同級生から万引きを強要されるといういじめを受けるも、特に抵抗するでもなく、万引きに手を染める中学生の晄。
高校では他人のクレジットカードを悪用してノートパソコンをタダで手に入れ、高校卒業後はサラ金に就職して取り立ての仕事に従事し、その後も不動産詐欺を企み、人を罠にかけ……どんどん裏社会への道を歩んでいく晄にハラハラさせられ、ページを繰る手が止められなくなります。
不気味なのは、そうした悪事を行う晄の心理描写がほとんどないため、非常に淡々と悪いことを悪いとも思わずやっているように読めて、晄が血の通った人間のように思えないところです。
晄がどんな意図を持っているのかが最終盤まで明かされないのも、不気味さに拍車をかけています。
なぜこんなことを?
一体何を考えているの?
この物語の行きつく先は?
終盤にすべてが明らかになるまで、さまざまな疑問が常に心に渦巻く状態で読み続けることになりました。


そうしてたどり着いた物語の佳境で、主人公の晄の行動に大いに驚かされることになりました。
常識では考えられないことを何気なくやっているので、「えっ!?」と思わずその箇所を二度読みしたくらいです。
その後に明かされるこれまでの晄の行いの理由を知り、共感はできないものの、ある程度は納得できました。
けれども、なんとなくもやもやとしたものが残ったのも確かです。
晄の生い立ちについては物語の中盤で明かされており、その壮絶な幼少期に少なからず衝撃を受け、晄がこんなふうに陽の当たらない道を歩まなければならないのも、感情がほとんど見えないのも、無理からぬことと思って読んでいましたが、それでもこの結末はちょっと予想できませんでした。
まったく理解できないわけではないけれども、共感はまったくできないという、なんともすっきりしない読後感。
晄だけでなく、他の登場人物も含めて、誰も救われない結末というのもなかなかつらいものがありました。
貫井徳郎さんの作品はデビュー作の『慟哭』をはじめとして救いがない話が多いのですが、本作も例外ではありません。
無理やりハッピーエンドだとか感動的な結末だとかに持っていかれるよりは全然マシなのですが、それでも胸がえぐられるようにつらかったです。


全体的に、ちょっとひねったミステリ、という印象でした。
謎解きの意外性ではなく、主人公の行動原理の意外性が際立っています。
非現実的なようにも思えましたが、「事実は小説より奇なり」と言いたくなるような事件が多い昨今、かえってこの物語にはリアリティがあると言えるのかもしれません。
とても貫井さんらしいと言える作品でもあって、そういう意味では満足したのですが、正直なところ、もうちょっと明るい話が読みたかったかな。
☆4つ。

2018年7月の注目文庫化情報


暑いですね~。
関西ではまだ梅雨も明けないのにもはや真夏の暑さになっていて、すでにバテ気味です。
この先が思いやられます……。


さて、夏の文庫フェア向けの新刊は6月に集中しているので、7月・8月は例年おとなしめというか、あまりビッグタイトルは文庫化されない印象ですね。
その分積読が充実しているので (1年中だという話もありますが……)、それらをじっくり読み進めていきたいです。
体調には気をつけて、楽しい読書生活を送りたいものです。