読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『オー!ファーザー』伊坂幸太郎

オー!ファーザー (新潮文庫)

オー!ファーザー (新潮文庫)


一人息子に四人の父親!?由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに女好き、博学卓識、スポーツ万能。個性溢れる父×4に囲まれて、高校生が遭遇するは、事件、事件、事件――。知事選挙、不登校の野球部員、盗まれた鞄と心中の遺体。多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語が、あなたの眼前に姿を現す。伊坂ワールド第一期を締め括る、面白さ400%の長篇小説。

これまた伊坂さんらしい作品だなぁ、という感想を持ちました。
父親が4人いる!というありえない設定も、読んでいるうちに「ありそう…」と思えてくるから不思議。
これぞ伊坂マジック、でしょうか。


高校生の由紀夫の家庭はちょっと複雑。
何しろ母親が四股をかけた上にその全員と結婚してしまったものだから、父親が4人いるのです。
父親その1、ギャンブル大好き、ドッグレースに夢中のチンピラっぽい鷹。
父親その2、中学教師で筋肉隆々、格闘技とバスケが得意な勲。
父親その3、元ホストで若々しい色男、女性を見ると声をかけずにはいられない葵。
父親その4、大学講師で博識、いつも冷静沈着な悟。
個性豊かな父親たちに囲まれた由紀夫の送る毎日には、様々な事件が起こります。


父親が4人!
いやぁこれはうっとうしそうです(笑)
親なんてものは子どものあれこれに対してうるさいものですし、1組いれば十分ですね。
なのに由紀夫には母は1人だけど、4人も父親がいる。
しかも全員が、どこかちょっと変わっている。
まぁ四股をかけられても怒るどころか、全員がその1人の女性と結婚して家族になってしまう、そんな普通でない選択をしてしまう人たちなのですから、その時点で十分「変わった人たち」です。
しかもそれなりに家族としての団結力があって、うまくやっているところが面白いなぁと思いました。
由紀夫の本当の(生物学上の)父親が4人のうちの誰なのかは不明なのに、それすらもあまり気にしていないかのように全員が「自分は由紀夫の父親だ」と胸を張っているところがまたおかしい。
そして由紀夫もそのような状況を嫌がりながらも普通に受け入れてしまっているところも面白いです。
生まれた時からそういう状況なんだから仕方ないとも言えますが…。
でも、読んでいるうちに父親が4人いるというのも悪くないんじゃないかと思えてくるのです。
大の男が家に4人もいるというのは、頼もしいですよね。
しかも肉体派から頭脳派まで、いろんなタイプの親父が揃っているので、親に頼りたいときには時と場合によって誰が一番適役か、選ぶことができます。


そんな頼りになる、でもちょっとうっとうしい(笑)父親たちと由紀夫の日常が延々繰り広げられるのかと最初は思っていたら、徐々にきな臭い展開になり、最後にはけっこう大きな事件が発生するという展開に驚きました。
物語のかなり最後の方になるまで、どういう結末になるのか全く予想がつかなかったです。
最終盤になっていきなりそれまでの物語の要素がすべて伏線だったということが一気に明らかになり、怒涛の展開に驚きました。
もちろん伏線の仕込み方がいつも巧みな伊坂さんの作品ですから、全く予想していなかったわけでもないのですが、それでもこんなに最終盤になってから一気に伏線が効いてくるとは思いませんでした。
そして、なんだかんだ言って、やっぱり4人のお父さんかっこいい!と思いました。
ちゃんとそれぞれなりに由紀夫のことを考えていて、自分に教えられることを教え、由紀夫を父親として全力で守り育てようとしているからです。
よく考えるとやっていることは無茶苦茶なのですが、こんなふうに父親たちに守られている由紀夫が少しうらやましくなってしまいました。
…いや、やっぱりうっとうしいかな(笑)


脇役として登場する由紀夫の中学時代の友人・鱒二や、同級生の少女・多恵子など、他の登場人物も個性的で、由紀夫や由紀夫の父親たちとの会話が楽しかったです。
そして、4人もの男性と同時に付き合った挙句、その全員と結婚してしまった由紀夫の母・知代は、なかなか登場しないもののただ者ではないんだろうなと思っていたら、最後の最後に登場した彼女はやっぱりただ者ではありませんでした。
いやぁ、愉快な物語だったなぁ。
☆4つ。