読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 [DVD]

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 [DVD]


人気シリーズの第3章。魔法学校で3年生に進級したハリーは、両親を死に追いやったシリウスが牢獄・アズカバンから脱走したことを知る。

テレビ放映されたものをビデオにとって鑑賞しました。
ハリー・ポッターシリーズは大好きですが、正直あの原作の長い長い物語をたかだか2時間半の映像に収めるのは無理が出てきたんじゃないかなぁという気がします。
とにかく展開が速かった。
こんなに慌しい物語だったっけ?と思いました。
私は原作を読んでるからいいけど、読んでいない人はついていくのが大変なんじゃないでしょうか。
シリウス・ブラックにまつわるさまざまな噂に直面するハリーたちとホグワーツの緊迫感をもう少し丁寧に描いて欲しかったなぁ。
なんだかハリー1人が「親の敵」とプンプン怒っていたような感じがしてならなかったのですが。
これから先、もっともっとストーリーが長くなってくるので、映画がどのように時間内にまとめられるか、少し不安です。


でも、映像の美しさはさすが。
冒頭の、ロンドンの街を疾走するナイトバスのシーンなんかは迫力満点で面白かった。
ハリーがバックビークの背に乗って空を飛ぶシーンも素敵だし、古城のようなホグワーツの荘厳さも相変わらず素晴らしい。
ゴーストたちを含め、架空の生き物もとてもリアルで、本当にいてもおかしくないように思ってしまうほどです。
世界観の完成度の高さについてはもう何も言うことはないですね。
ハリー・ロン・ハーマイオニーのおなじみ3人組も、ずいぶん大人っぽくなってかっこよくなりました。
でも吹き替えではロンがやたらと子どもっぽい高い声で違和感ありすぎました。
あの体格なら当然(年齢的にも)声変わりしてるやろう…実際オリジナル版(実際の役者さんの声)は声変わりしてるんだしさぁ。
あまりに違和感が強かったので途中で音声切り替えでオリジナル版にしてみましたが、私にはイギリス英語の聞き取りは難しく…日本語版と何度も切り替えながら見ていました(-_-;)
字幕にしてくれればいいのにどうしてテレビでは吹き替えになっちゃうんでしょうね?
吹き替えにするならするで、もうちょっとクオリティ上げて欲しいです。
他の登場人物の中ではルーピン先生がかっこよかった(笑)
シリウス・ブラックも好きなキャラクターなんですが、「アズカバン」では悪役だからねぇ…。


なんだかんだと文句はつけつつも、原作がしっかりしているだけに安心して楽しめる作品に仕上がっているのはさすがです。
全体的に暗く(絵的にも、ストーリー的にも)て小さなお子様向きではないですが、ティーンズから大人までそれぞれに楽しめる映画ですね。
4作目「炎のゴブレット」も早く見たいです。
…って、今夏にはもう5作目「不死鳥の騎士団」が公開ですよね〜…全然ついていっていない私(^_^;)