tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『鹿の王 水底の橋』上橋菜穂子

鹿の王 水底の橋 (角川文庫)

鹿の王 水底の橋 (角川文庫)


伝説の病・黒狼熱大流行の危機が去った東乎瑠帝国では、次の皇帝の座を巡る争いが勃発。そんな中、オタワルの天才医術師ホッサルは、祭司医の真那に誘われて恋人のミラルと清心教医術発祥の地・安房那領を訪れていた。そこで清心教医術の驚くべき歴史を知るが、同じころ安房那領で皇帝候補のひとりの暗殺未遂事件が起こる。様々な思惑にからめとられ、ホッサルは次期皇帝争いに巻き込まれていく。『鹿の王』、その先の物語!

本屋大賞と日本医療小説大賞をダブル受賞した『鹿の王』の続編です。
ただし、前作の主人公であるヴァンとその養女ユナは全く登場しません。
彼らがその後どうなったかは誰もが気になるところでしょうし、ちらっとくらいは出てきてもよかったのに……と思いつつ、一方で前作とはまた違う物語を書きたいという上橋さんの強い意志も感じました。


そんな今作の主人公は、オタワルの医術師ホッサルです。
前作では恐ろしい感染症である「黒狼熱 (ミッツアル)」の治療法を探し求めるうちに、ヴァンともども国同士の陰謀や争いに巻き込まれていくホッサルの姿が描かれていましたが、今作では東乎瑠 (ツオル) 帝国にほぼ舞台が限られているものの、政治的な争いに巻き込まれているのは同じです。
オタワルの末裔という立場的にそうなってしまうのは仕方ないとも言えますが、自らの使命や職務に専念できないというのは医術師であるホッサルにはつらいことではないかと思います。
けれども、実際のところ医療というものは政治と密接な関係を持っているものなのでしょう。
人類の歴史は疫病との闘いの歴史とも言えますが、だからこそそこには必ず政治的なものが絡んでいます。
最近の新型コロナウイルスに関する動きを見ていてもそれは明らかです。
国や地域によって対策や支援が異なるのは、為政者が異なり、政治が異なるからです。
さらに医療には、政治だけではなく、人の思想や宗教も大いに関わってきます。
宗教的な理由で禁忌とされる治療法や薬があったり、延命するより苦痛を取り除き安らかに逝けるようにすることを重視する医療があったり。
思想や宗教も政治同様争いの種になりがちで、本作の世界においても例外ではありません。
そして、この医療が正しい、あの医療は間違っている、などと安易に断言できるような単純なものでもありません。
けれども、時に対立することがあろうとも、病やけがに苦しむ人の苦痛を和らげたい、命を救いたいという、人々の切なる願いが出発点になっているというところはどんな国のどんな民族の医療でも同じなのです。
前作『鹿の王』がファンタジーでありながら日本医療小説大賞を受賞したのは、そうした医療の本質が説得力をもって描かれていたからに違いありません。


もちろん、ファンタジーとしてしっかりとした世界観が確立されているところも、政治や権力闘争を描く骨太の大河小説であるところも、「鹿の王」シリーズの大きな魅力です。
さらに今作ではホッサルとミラルの恋愛小説としての見どころも大きいと感じました。
ホッサルはオタワル王国の末裔で、いわば王子ともいえるような身分の高い人ですが、ミラルはただの平民です。
身分違いであり、決して結ばれることはないとわかっていながら恋愛関係になったふたりですが、ホッサルに縁談が舞い込み、ついにふたりは引き裂かれてしまうのかという展開が、東乎瑠帝国の次期皇帝争いとともに語られていきます。
ホッサルとミラルが離れ離れになり、もうだめなのかなと切ない気持ちになった後で、思わぬ展開により未来への希望を見せてくれる結末にはしびれました。
タイトルにある「水底の橋」にはさまざまな意味が込められていると思いますが、そのひとつが、ホッサルとミラルのあいだをつなぐものの象徴としての意味なのだろうと思います。
かつては水上に架かっていた橋が、水没して渡れなくなっても、もともとつながっていたならまた渡る方法はきっとある。
渡れなくなった橋を再び渡る方法を探るというのは、政治でも、医療でも、恋愛以外の人間関係においても、同じように大切なことだと感じます。


物語自体も面白かったですが、最後の著者のあとがきにも心を強く動かされました。
今年の3月、緊急事態宣言が出る直前に書かれたという文庫版あとがきの言葉がどれも力強くて、胸に響きます。
そう、ホッサルとミラルが全力で患者に向き合い、時に病魔の恐ろしさにおののきながら、それでもくじけずに何度でも命を救う闘いに身を投じていくように、今この瞬間も、厳しい現場で闘い続けている医療従事者が世界中にいるということを常に心に留めて、この先も自分にできることを頑張ろうという勇気をもらいました。
☆4つ。




●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp