読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『有頂天家族 二代目の帰朝』森見登美彦


狸の名門・下鴨家の矢三郎は、親譲りの無鉄砲で子狸の頃から顰蹙ばかり買っている。皆が恐れる天狗や人間にもちょっかいばかり。そんなある日、老いぼれ天狗・赤玉先生の跡継ぎ“二代目”が英国より帰朝し、狸界は大困惑。人間の悪食集団「金曜倶楽部」は、恒例の狸鍋の具を探しているし、平和な日々はどこへやら…。矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!

京都を舞台に狸と天狗と人間が入り乱れて大騒ぎの楽しいファンタジー作品、『有頂天家族』に続編が登場しました。
前作は7年も前の作品で、忘れた頃に続編が出たというよくある (?) パターンですが、実は三部作の予定だったとのことですので、本作は第二部ですね。
前作と同じような狸界のドタバタ騒ぎを描きつつ、強烈な個性の新キャラクターが登場したり、人間関係……じゃなくて狸関係にもいろいろな変化が出てきたりと、さらにパワーアップした物語が非常に面白かったです。


真面目でお堅いけれど怒りが頂点に達すると虎に変身してしまう長男・矢一郎、蛙と化して井戸の底に引きこもっている次男・矢二郎、狸界のあれやこれやの騒ぎに首を突っ込む三男にして本シリーズの主人公・矢三郎、そして偽電気ブラン工場で科学実験 (?) に勤しむ四男・矢四郎。
この下鴨家4兄弟がとても好きです。
それぞれ違う個性を持っていますが兄弟の絆は固く、騒動が起こるたびに助け合っている様子にほのぼのします。
今回は長男の矢一郎におめでたい話が持ち上がるのですが、お相手の南禅寺玉瀾がこれまた素敵な狸でした。
矢一郎と玉瀾が、将棋盤に向かい合うばかりでなかなか関係を進められないのがなんとももどかしくて不器用で可愛いのです。
主人公の矢三郎も、元許嫁の海星との間に進展が――?
と思いきや、やっぱりこのシリーズの真のヒロインは弁天様なのかな、と思える展開になっていくので油断がなりません。
意外にもラブコメとしても楽しめました。


でも、やっぱり「有頂天家族」シリーズの真骨頂は、ドタバタ大騒動にあります。
叡山電車が京都の夏の夜を飛ぶ場面、そしてそこで起こる夷川家とのひと悶着は特にワクワクしながら読みました。
狸が化けた電車が空を飛ぶなんて、想像するだけで楽しくなります。
有頂天家族」は二度にわたってアニメ化されていますが、特にこの場面はアニメ向きでしょうね。
荒唐無稽で、ファンタジックで、賑やかで楽しい。
どこかスタジオジブリの作品にも通ずるところのあるような、そんな世界観の中で、私も偽叡山電車に乗って五山の送り火を鑑賞してみたくなりました。
また、下鴨家と夷川家の歴史的和解からの再対決、二代目と弁天の天狗大戦と、バトルシーンも充実しています。
狸と天狗と人間による激しい化かし合いと騙し合いは、愉快で爽快でちょっぴり恐ろしくて、思わぬどんでん返しもあったりなんかして、最後まで飽きることがありませんでした。
「毛深くも不毛」のような言葉遊びも楽しく、京都のみならず有馬温泉や琵琶湖や四国やとあちこちで活発に活動する狸たちの物語を読んでいると、本当に人間に化けた狸が各地の人混みの中に交じっているのかも、と思えてきます。


ラストの切なさは何とも言えません。
阿呆な大騒動を描く作品だと思っていたら、思わぬシリアスな雰囲気で幕が閉じたので少々びっくりしつつ、続編が楽しみにもなりました。
森見さん、次は7年も待たせないでくださいよ!
☆4つ。


●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp