読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『土漠の花』月村了衛

土漠の花 (幻冬舎文庫)

土漠の花 (幻冬舎文庫)


ソマリアの国境付近で活動する陸上自衛隊第一空挺団の精鋭達。そこに命を狙われている女性が駆け込んだ時、自衛官達の命を賭けた戦闘が始まった。一人の女性を守ることは自分達の誇りを取り戻すことでもあった。極限状況での男達の確執と友情。次々と試練が降りかかる中、生きて帰ることはできるか?一気読み必至の日本推理作家協会賞受賞作!

日本推理作家協会賞を受賞したというので、ミステリだと思って読み始めましたが、そこは予想が外れました。
とはいえ、面白さは予想以上でした。
とにかく先が気になって、ページを繰る手が止まらない。
こういう本と出会えるのは読書好きにとって一番の喜びですね。


ジブチで活動中の自衛隊員たちが、ソマリアの小部族長の娘・アスキラを助けたことからソマリア国内の部族間抗争に巻き込まれ、激しい戦闘を幾度も繰り返しながらアスキラを守って拠点への帰還を目指すという冒険小説です。
冒頭で起こる悲劇があまりにもショッキングで、一気に物語の世界へと引きこまれ、そこからは息もつかせぬ危機の連続でぐいぐい読まされます。
とにかく戦闘シーンが多いのですが、展開がスピーディーな上、戦い方が通り一遍のものではなく、武器 (銃器、刃物、爆発物など) を使った戦闘から肉弾戦 (合気道) まで、圧倒的な描写力でまるで映画を見ているかのように頭の中で激しいアクションが繰り広げられるのです。
生きるか死ぬか、紙一重の極限状態に、終始ハラハラしっぱなしでした。
敵として向かってくるのは、体格で日本人に勝る屈強な黒人男性たち、しかも人数も圧倒的。
しかも敵はそれだけではなく、アフリカの厳しい自然環境までもが立ちはだかるという絶望的な状況にくらくらしながら、それでも何としてでも生きて日本に帰るんだという強い意志を持って戦い抜く、主人公・友永をはじめとする自衛官たちの勇敢さに魅了されました。
自衛官同士の人間ドラマも描かれ、登場人物ひとりひとりに感情移入しやすいのも読みやすくてよかったです。
家族や友達を殺され、いつか自分の部族を再建するという志を持って、自衛官たちと共に戦うアスキラの、凛とした強さもかっこよく魅力的でした。
残酷な戦闘場面だけではなく、ソマリアの地元民とのあたたかい交流も描かれているのは、悲惨な物語の中の明るい希望と感じられ、厳しい状況にある遠い国の平和を祈る気持ちにさせられました。


そうした物語としての面白さを楽しみながら、その一方で考えずにいられないのは自衛隊の海外派遣について、そして隊員たちが派遣される場所についてです。
自衛隊が海外に派遣され、インフラ整備などの活動に従事していることはもちろん知っています。
でも、その活動地域がどのような場所なのか、本当に危険はない場所なのか、と問われると、私は明確に答えることができません。
この作品の舞台はジブチソマリアですが、この2つの国 (地域) について知っていることを思い浮かべようとしても、驚くほど貧弱なイメージしか浮かばないのです。
ソマリアは世界最貧国のひとつで、海賊行為が横行していて、激しい内戦が繰り返され国内は混乱状態で――とその程度のことは知っていても、では国民は今どんな暮らしをしていて、どんな文化や歴史や風俗があって、自然環境はどのようなものなのか、全く知りません。
世界地図の中で大体この辺り、と目星はつけられても、正確にどの場所か指せる自信もありません。
もちろん遠い場所であまり国交も盛んではないし、そもそも危険が多くて気軽に行けるような場所ではないので、マスコミが報じることもあまりなく、それで情報が限られているということもあります。
でも、我が国の自衛隊国際貢献のために派遣されている場所について、そんな乏しい知識で本当によいのかという問いを本作から突き付けられたような気がしました。
情報が少なくとも、関心を持ちさえすればある程度自分で調べることはできます。
つまり、無知ということは無関心ということで、私は自衛隊の海外派遣を結局は他人事と思っていたのだろうと気づいて愕然としました。
それは実際に派遣されて懸命に任務に取り組む自衛官たちに失礼なことだと思いますし、自衛隊をめぐる状況が変わりつつある中で、このような無関心でいていいのだろうかと反省させられました。


海外派遣されている自衛隊というのはタイムリーな題材ですし、小説として非常に面白かったのが何よりよかったです。
欲を言えば、友永とアスキラの心の交流についてはもうちょっとページ数を割いてじっくり描いてほしかったという気もしますが、そこまで求めるのは欲張りでしょうか。
先日読んだ『村上海賊の娘』同様、映像化向きの作品だと感じましたが、自衛隊の海外での戦闘を描いた作品というのはちょっといろいろ難しいのかなという気もします。
☆5つ。