読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『MIX (10)』あだち充


VS東秀戦、決着…!?
ついに辿り着いた東東京大会準決勝!
東秀高校の怪物投手・三田を前に圧倒的不利と
思われた明青学園だが、投馬の快投によって
両校無得点、まさかの接戦が続く…!
しかし、元々は明らかにチーム力の劣る明青。
微妙に戦況は変化していき、
そして………………………!?

ええと……実はこれ、昨年末に読んだんですが、感想を書きそびれていました。
もう4か月近く経ってしまって、今さらではあるのですが、今書いておかないと次の巻も感想を書けなくなるので、やっぱり書いておこうかなぁと。
マンガはさらっと読んでしまうのでどうも感想を書くのを忘れがちでいけないですね (言い訳)。


9巻から引き続き、強豪の東秀高校との準決勝。
長く低迷が続いていた明青学園、しかもエースはまだ1年生と、圧倒的不利な状況を覆して誰も予想しなかった接戦になるという、熱い展開です。
やっぱり野球マンガはこうでなくっちゃ。
あだちさんの作品はスポ根には程遠いですが、それでもスポーツの面白さはしっかり伝わってきます。
敵いそうもない相手に立ち向かっていくというのもスポーツマンガの王道ですが、王道ど真ん中を進みつつ、あだちさんらしい独特の間合いの取り方や洒落の利いたせりふが個性を放っています。
本作の場合は随所に『タッチ』ファンの心をくすぐる要素が盛り込まれているのもうれしいところ。
相変わらず読みどころ満載で飽きさせません。


個人的にもうひとつあだちマンガの好きなところは、主人公の高校生世代だけではなく、親や監督といった大人世代もしっかり描かれるところです。
この巻では立花兄弟のお母さんと、マネージャーの春夏のお母さんが、立花家で一緒に準決勝の様子をテレビで見守る場面が出てきます。
有望な野球選手として世間からも注目されてはいても、やっぱり高校生は親にとってはまだまだ子ども。
あたたかく見守る親たちの姿が微笑ましいです。
なんとなく、『タッチ』の最後の地方大会決勝戦で、達也の両親が手を握り合ってテレビ観戦する場面を思い出しました。


この巻はちょうど東秀戦のゲームセットの瞬間で終わるのですが、熱い投手戦の結末の付け方がこれまたあだち作品らしいなとうれしくなりました。
11巻からは新展開かな。
ずっと試合の場面続きだったので、そろそろラブコメ方面での進展も期待したいところです。
そういえば、『タッチ』で描かれなかった「あのシーン」が『MIX』に登場、とネットニュースになっていましたね。
その場面も早く見てみたいです。