読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『リバース』湊かなえ

リバース (講談社文庫)

リバース (講談社文庫)


深瀬和久は平凡なサラリーマン。自宅の近所にある“クローバー・コーヒー”に通うことが唯一の楽しみだ。そんな穏やかな生活が、越智美穂子との出会いにより華やぎ始める。ある日、彼女のもとへ『深瀬和久は人殺しだ』と書かれた告発文が届く。深瀬は懊悩する。遂にあのことを打ち明ける時がきたのか―と。

イヤミスの女王」と呼ばれるほどになった湊かなえさん。
最近はノンミステリ作品も発表されていますが、本作はどっぷりと湊かなえワールドに浸れるミステリです。


コーヒー好きのサラリーマン・深瀬は、行きつけのコーヒーショップで出会った女性・美穂子と付き合い始めますが、3か月が経った頃に美穂子のもとに怪文書が届きます。
それをきっかけに深瀬は、大学生の頃に起こった親友・広沢の交通事故について美穂子に告白します。
その事故に関わっていた仲間にも同じような怪文書が届いており、さらには駅でホームから突き落とされる被害に遭った仲間もいると知った深瀬は、広沢の故郷へ向かい、自分の知らない広沢のことを調べ始めます。
その過程で明らかになった意外な事実、というのがこの作品のミステリ部分の肝かな、と思いきや、さらにその先、最後の最後に明らかになる真相こそが、作者の目指した本当の着地点でした。
いわゆる「フィニッシング・ストローク (最後の一撃)」と言っていいかと思います。
うわあ、なるほど、この結末、この一文で終わらせるのか、と感嘆させられました。
丁寧に伏線を重ねてきたからこそ成立するフィニッシング・ストロークですが、これは伏線っぽいなというのが比較的わかりやすかったためか、まさかそんなところから真相が!といったような強い衝撃はありませんでした。
ただ、この最後の一文は非常に効果的でうまいですね。
その一文のおかげで、物語の続きが非常に気になるのです。
広沢の交通事故に関する真相を知った深瀬は、この後どうするのだろう。
大学時代の友人たちや美穂子と、今まで通りに付き合っていけるのか。
抱えてしまった秘密を、ひとりで背負っていくのか、それとも誰かに告白するのか。
想像が無限に広がります。


だからなのか、イヤミスといっても私は結末自体にはそれほど不快感は感じませんでした。
嫌な気持ちになるより、これからどうなるのかという興味の方が勝りました。
むしろ、主人公・深瀬の性格や心理描写の方が不快に感じたくらいです。
深瀬は地味で冴えない、今風に言うとスクールカーストで下位に属するタイプの人物です。
本人にもその自覚はあり、そのせいなのかとにかく卑屈な考え方が目立ちます。
確かに人から好かれるタイプではないだろうなとは思いましたが、ちゃんと長所もありますし、人間的に決して悪いわけではなく、優れているわけでもありませんが「普通の人」と言っていいと思います。
そんなに委縮したり卑屈になったりする必要は全くないのに、なぜここまで卑屈なものの考え方をするのか、というところが非常に気になりました。
そんな「イケてない」主人公に彼女ができて幸せをつかみかけたと思ったところに、何者かの悪意が見えて辛い過去に向き合わされて、最後にとんでもない真相に気付かされるという、その展開こそがイヤミスなのかもしれません。
主人公に対する容赦のなさ。
それが本作で湊さんが見せた「イヤミスの女王」らしさなのかなと思いました。


ミステリと関係ないところでは、コーヒーに関する描写がとても魅力的で、思わずコーヒーを飲みたくなる場面がいくつもありました。
湊さんは以前、朝日新聞の「作家の口福」というリレーエッセイで、現在住んでおられる淡路島の食べ物の数々を紹介されていたのですが、それもまたとてもおいしそうで淡路島グルメに強く惹かれたものでした。
どうやら食に関する描写がうまいようなので、ぜひグルメミステリにも挑戦していただきたいものです。
グルメなイヤミス……うーん、ちょっと満腹感がありすぎるかな、という気がしないでもないですが。
☆4つ。
連続ドラマも始まりますが、原作にはない雪山でのシーンがあるようなので、展開は小説とは異なるのでしょうか。
深瀬役が藤原竜也さんということで、どんなドラマになるのかこちらも気になるところです。