読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『旅猫リポート』有川浩

旅猫リポート (講談社文庫)

旅猫リポート (講談社文庫)


野良猫のナナは、瀕死の自分を助けてくれたサトルと暮らし始めた。それから五年が経ち、ある事情からサトルはナナを手離すことに。『僕の猫をもらってくれませんか?』一人と一匹は銀色のワゴンで“最後の旅”に出る。懐かしい人々や美しい風景に出会ううちに明かされる、サトルの秘密とは。永遠の絆を描くロードノベル。

ひさしぶりに本を読んで大泣きしました。
途中から「これはヤバいな~」と思い始めたので、最後の方はひとりきりになれる場所で読んで大正解。
電車の中やカフェなど、公共の場所で読んでいたらとんでもないことになっていたと思います。


愛猫・ナナを手放さなくてはならなくなった青年・サトルが、ナナとの出会いのきっかけでもある銀色のワゴン車に乗って、ナナと共に旅をする物語です。
ひとりと一匹が車でまわるナナの新しい飼い主候補たちは、みなサトルの古い友人たち。
旅が進むにつれて、サトルの生い立ちや人となり、ナナを手放さなければならない理由などが、少しずつ明らかになっていきます。
そうやって徐々にサトル、そしてナナのことを知っていくのはとても楽しく、どんどん感情移入してどんどんサトルとナナが好きになっていきました。
どちらかというと猫より犬派の私ですが、ナナはとてもかっこよくて、愛らしくて、素敵な猫でした。
ナナの一人称で書かれているパートがとてもよかったです。
猫がしゃべったらこんな感じだろうなぁというのがそのまま出ていて、人間との接し方にも、他の猫や犬との交流にも、猫っぽさが存分に表れていて楽しくなります。
サトルの視点から書かれた部分というのはこの作品には存在しないのですが、それでもナナの目を通してサトルがどんなふうにナナと接しているのか分かるように書かれているのが素晴らしいなと思いました。


もちろんサトルの旧友たちのエピソードもどれもよかったです。
小学校時代、中学時代、高校時代、大学時代と、その時々のサトルの姿が浮かび上がってきます。
中にはつらいエピソードもあって、胸が痛んだりもしますが、サトルがよき友人たちとよき付き合いをしてきたこと、しっかりと周囲に愛されてきたことが伝わってきて、心があたたかくなります。
少しだけラブコメっぽいエピソードも登場するのは有川さんらしいですね。
とはいえ本作は決して『図書館戦争』や『植物図鑑』のようなラブコメではありません。
でも、ラブストーリーではあるのだと思います。
ひとりの人間と、一匹の猫との。
誰も立ち入れなさそうなサトルとナナとの固く結ばれた絆と、お互いが相手を想う気持ちの強さに泣かされます。
「最後の旅」が終わった後も、このひとりと一匹は永遠に共にいるのだと、そう思うと泣きながらではありますが明るい気持ちで読み終えることができました。


最近本を読んでも映画を観ても以前ほど泣くことがなくなっていたので、感受性が鈍ってきたのだろうかとちょっと不安になっていたのですが、そういうわけでもなかったようでなんだかホッとしました。
「ラジオ番組で本について熱く語る俳優のコダマさん」だとか、「フキの葉の下に住んでる小さな人」だとか、有川作品の読者なら「おっ」と反応せずにはいられない小さなおまけ要素もうれしい作品でした。
☆5つ。