読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『悟浄出立』万城目学

BOOK REVIEW

悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)

悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)


おまえを主人公にしてやろうか! これこそ、万城目学がずっと描きたかった物語――。勇猛な悟空や向こう見ずの八戒の陰に隠れ、力なき傍観者となり果てた身を恥じる悟浄。ともに妖魔に捕えられた日、悟浄は「何も行動せず、何も発言せず」の自分を打ち破るかのように、長らく抱いてきた疑問を八戒に投げかけた……。中国古典の世界を縦横無尽に跳び、人生で最も強烈な“一瞬”を照らす五編。

Amazonではこの本、「中国文学」のカテゴリーに分類されていました(笑)
さすがにそれはちょっと違うような……。
正しくは、『西遊記』『三国志』『史記』などの中国の代表的な古典や歴史書に題材を取った小説が五編収録されている短編集です。
万城目さんといえばファンタジーというイメージもありますが、本作では中国古典の世界に生きる人間を真面目に描いています。
日本の歴史だけではなく中国の歴史にも疎い私、『西遊記』はともかくとして、『三国志』や『史記』の世界についていけるのだろうかと不安でしたが、万城目さん自身が巻末で丁寧に各話の解説をしてくれているおかげで、意外にもすんなりと物語に入っていくことができました。


作者自身の解説により基本的な知識を手っ取り早く得ることができてよかったのは確かですが、実際のところ本書に収録されている物語はどれも知識を要求されるようなものではありません。
というのも、あくまでも主眼は「原典の主要人物の人となりを、その周囲にいる誰かの視点から描くこと」であって、時代や国が違っていても、人間の本質は変わらず、従って人間が繰り広げるドラマの本質も変わらないからです。
人物名程度の本当に最低限の知識だけでも、物語としての面白さが損なわれることはなく、十分に楽しめるのではないかと思います。
ちなみに「原典に登場するある人物を他の人物の視点から描く小説」というのは、『山月記』や『李陵』などで有名な中島敦さんによる、『西遊記』を題材にした作品で使われているスタイルなのだそうです。
高校生だった万城目さんが、テストの問題でこの作品に出会い、大いに刺激を受けて小説を書き始めるきっかけにもなったそうで、この短編集はまさに万城目さんが長年書きたいと願ってやまなかった、思い入れの深い作品なのだと分かります。
中島敦さんといえば私は中学の教科書に載っていた『山月記』しか読んだことがないのですが、確かに『山月記』と似た雰囲気がこの短編集にはありました。
おそらく漢文調の文体が似ているのでしょう。
万城目さんの他の作品の文章とは少し異なる硬めの文体ですが、読みにくいということは全くなく、物語の雰囲気に合っていてよかったです。


五編の収録作品のうち、個人的に一番いいなと思ったのは「虞姫寂静 (ぐきじゃくじょう)」でした。
虞美人草という花にその名を残す、項羽の寵姫「虞」が主人公の話で、『史記』を原典としています。
万城目さんも解説で触れられていますが、登場人物が男ばかりという中国の歴史書に登場する数少ない女性の視点で描かれているところに新鮮味がありました。
ただの使い女から項羽の寵姫となった虞が、自分が項羽に愛された理由を知るくだりはなんとも切なく、また、最後の戦いに挑む決意を固めた項羽に対する虞の想いと彼女自身の強さが美しく印象に残りました。
時代も国も違っても、女性として共感できる虞の心理描写がよかったです。
次点は「父司馬遷」。
タイトルの通り、司馬遷の娘の視点から『史記』を著した司馬遷という歴史家を見つめた作品です。
武帝の怒りを買った李陵を擁護したことにより、宮刑に処せられて、男ではなくなって人間性までも変わってしまったかに見える父の姿に戸惑う娘の心情描写が見事でした。
宮刑などという今は存在しない (アメリカでは性犯罪者に対して行われることもあるらしいですが) 刑を受けた人などもちろん万城目さんも見たことがないはずなのに、まるで見てきたかのような現実感を持って描写する万城目さんの想像力には感嘆するほかありません。
この想像力があるからこそ『鴨川ホルモー』や『プリンセス・トヨトミ』のような現実とファンタジーが入り混じった作品が生まれたんだな、と深く納得する思いでした。


他の収録作品も全部面白く読みました。
表題作の「悟浄出立」では、『西遊記』は日本のドラマなどでしか知らないために「悟浄=河童」というイメージしかなかった私の思い込みを正してくれました。
確かに河童は日本の妖怪ですから『西遊記』に出てくるのはおかしいですね……。
そんなふうに本作を通じて新たに知ったこともあり、物語を楽しむだけでなく、少しだけ中国古典に親しみを持てた気がします。
本作が書かれるきっかけとなった中島敦さんの短編は青空文庫にあるようなので、読んでみようと思います。
☆4つ。