読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『時限病棟』知念実希人


目覚めると、彼女は病院のベッドで点滴を受けていた。
なぜこんな場所にいるのか? 監禁された男女5人が、拉致された理由を探る……。
ピエロからのミッション、手術室の男、ふたつの死の謎、事件に迫る刑事。
イムリミットは6時間。謎の死の真相を掴み、廃病院から脱出できるのか!?

あちこちの書店で平積みになっている人気作『仮面病棟』の続編です。
『仮面病棟』がなかなか面白かったので今回も期待して読みましたが、前作よりも切迫感とサスペンス性が増して面白くなっていました。
タイトルの「時限」が示す通り、タイムリミットありのリアル脱出ゲームをそのまま小説化したような内容です。
私はリアル脱出ゲームに参加したことはありませんが、謎解き好き、パズル好きとしては気になるイベントであることには間違いありません。
それがそのまま小説になっているのですから、最初から興味をかきたてられました。
リアル脱出ゲームについて知識がない人でも、作中で丁寧にどのようなものか解説されていますし、ストーリーを追っていけば自然に理解できるようになっているので安心です。
「ゲーム」とはいうものの、作中の登場人物たちが挑むのは自分たちの命がかかった「戦い」で、「ゲーム」というような気楽なものではありません。
しいて言えば、「リアル・リアル脱出ゲーム」という感じでしょうか。
舞台となる廃病院には残り時間を示すタイマーが設置され、その数字が文中にたびたび登場して緊迫感をあおります。


今作の舞台は前作『仮面病棟』と同じで、ストーリー面でも前作からつながっています。
前作での事件後に生じた謎に対し、今回の登場人物たちが廃病院内を調べながら真相を探るという構図です。
前作を読んでいなくても問題はないと思いますが、逆に今作を先に読んでから前作を読むのはおすすめできません。
前作の内容が、今作の中でネタバレされてしまっているからです。
続編として読む人は、あの病院でまたこんなことが!?という楽しみがあります。
展開がスピーディーで、人物関係もつかみやすく、リーダビリティの高さは前作同様文句なしのレベルです。
登場人物が少ないため消去法的に犯人が分かってしまうのも前作同様で、そこは少し残念でしたが、今回は結末にどんでん返しがあってよかったです。
もちろん詳しいことを書くわけにはいきませんが、作者が現役の医師であることを存分に生かした、ひねりある展開にうならされました。


こういうタイプの作品はネタバレを避けようと思うとあまり感想も書けませんね。
個人的には重厚なミステリが好きですが、こういった軽くサクッと読めるライトミステリも悪くありません。
ここからさらに続編――というのは難しいかもしれませんが、これからも読みやすいエンタメミステリ作品を書いていってほしいと思います。
☆4つ。


●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp