読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『3月のライオン (12)』羽海野チカ

BOOK REVIEW


藤本雷堂対土橋健司、桐山零対滑川臨也の対局は激戦を極めて…!?
あかり、ひなた、島田、二海堂、林田先生も活躍の最新刊!!

11巻が「妻子捨男」との対決という、なかなかしんどい話だった反動なのか、12巻は終始笑いがいっぱいのハイテンションギャグ展開になりました。
前巻から引き続き藤本雷堂棋竜の強烈なキャラがさく裂しています。
本人のルックスも背景すらもいちいち渋くてかっこいいのに、セリフは微妙にかっこ悪くて笑いがこらえきれません。
ギャグだろうとシリアスだろうと、決して手抜きがなく一コマ一コマ気合いのこもった濃密な絵 (とセリフ) を描かれるのが羽海野さんのいいところだなぁと思います。
雷堂の濃ゆいキャラに、真面目で地味めな土橋九段は飲みこまれるかと思いきや、こちらもまたしっかり個性を発揮しているのもとてもいい。
マイペースな土橋九段がなんだかかわいらしくて、私はすっかりファンになってしまいました。
そのうち零くんとの対局も描かれるとうれしいなぁ。
雷堂の奥さんも毅然とした強さがあってかっこいい、素敵な女性でした。


そしてもうひとりの強烈キャラが、零くんと対戦する滑川さん。
葬儀屋の長男という設定の滑川さん、とにかく見た目も言動もホラーです。
でもそれが「怖い」だけじゃなくて、どこかユーモラスで面白いんですよね。
その辺りのさじ加減が羽海野さんは絶妙だなぁと感心します。
将棋の指し方も、ひそかにわなを仕掛けていたりして一筋縄ではいかない感じが本人の不気味なイメージに拍車をかけています。
そんな滑川さんとの対局でも冷静さを失わない零くんの姿に、また成長を感じることができました。
私は将棋に関してはド素人ですが、今の零くんの強さは理解できる気がします。
攻めるだけではなく守ることも大事だと学び、川本三姉妹をはじめとする周囲の人たちのおかげで人間的に大きく強くなり、安定したことが、将棋においてもいい影響をもたらしているということは想像に難くありません。
家族や恋愛といったテーマもこの作品の中では大きいですが、将棋マンガとして棋士としての零くんを今後どこまで突き詰めて描いていくのか、とても楽しみです。


恋愛と言えば、この巻ではあかりおねいちゃんがモテモテですね。
一部の棋士たちの間ですでに争奪戦が繰り広げられそうな勢いですが、この巻ラストに満を持して大本命が登場――と見ていいのかな。
大好きなキャラなのでそうなったらうれしいなぁと思いつつ、『ハチミツとクローバー』のことを思いだすと、素直な展開にはならないのかなと思ったりもします。
零くんも人のこと心配してる場合じゃなく、頑張って片想い脱出――いや、とりあえずまずは男子として認識されるようになってほしいものです。


二海堂くんの愛犬視点で描かれた番外編的な短編「忠実なる愛犬エリザベス物語」も面白かった!
これまでになく最初から最後まで明るい雰囲気の巻でしたが、この明るさは今後またシリアス展開に突入していくための助走とも思えます。
これからテレビアニメ放映、実写映画公開と、各メディアで『3月のライオン』旋風が巻き起こる可能性大ですが、原作もどんどん盛り上がっていってほしいです。
ちなみに今回特装版を買って西尾維新さんのコラボ小説も読みました。
西尾さんの「物語」シリーズは読んだことがないのですが、零くん視点で書かれている短編なので、特に問題なく読めました。
そもそも西尾さんの文章自体初めてだったのですが、ちょっと癖のある文体なので好みは分かれそうですね。
私も細かいせりふ回しなどには多少違和感を覚えましたが、少ないページ数で日常ミステリとしてはなかなか凝っていると思います。
将棋の盤面を使った暗号なんて、考えたなぁ。


●関連過去記事●
tonton.hatenablog.jp