読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『Nのために』湊かなえ

Nのために (双葉文庫)

Nのために (双葉文庫)


超高層マンション「スカイローズガーデン」の一室で、そこに住む野口夫妻の変死体が発見された。現場に居合わせたのは、20代の4人の男女。それぞれの証言は驚くべき真実を明らかにしていく。なぜ夫妻は死んだのか?それぞれが想いを寄せるNとは誰なのか?切なさに満ちた、著者初の純愛ミステリー。

現在放映中の連続ドラマの原作です。
けっこう前に購入してしばらく積読だったわけですが、ドラマの放送が始まってネタバレを目にしてしまう危険性が急激に高まったので、慌てて読みました(笑)


複数の登場人物の視点からひとつの事件を語るという、湊さんの作品ではおなじみの形式です。
とある高層マンションで起こった殺人事件について、その事件に関わった4人の男女がそれぞれの視点で、自分の過去なども含めて語っていきます。
ポイントは、登場人物の中で事件の全てを知っている人は一人もいないということ。
それぞれが嘘をついていたり、わざと話さなかったりしているので、全員にとって謎が残る事件となっているのです。
読者は4人の視点を順に読んでいくことで、少しずつ事件の全貌が分かってくるという仕掛けになっています。
この狙いはとても面白いなぁと思いましたし、私の好きなタイプの仕掛けでもあるのですが…惜しむらくは、ちょっと分かりにくいかなぁ。
時系列が何度も前後するので、頭の中で整理しながら読むのが大変でした。
はっきりとは真相が示されなかった部分もあり、最後まで読んでもどうにもすっきりしない部分が残るというか、結局読者にとっても謎が残る事件になってしまっています。
こういう仕掛けを使うなら、読者にとっては全ての謎が解けるという方が、物語としてきれいな形になったのではないかと思います。


そして、タイトルとなっている「Nのために」。
主要な登場人物全員のイニシャルが「N」なのです。
果たして誰がどの「Nのために」何をした(しようとした)のか、常に意識しながら読み進めていくことになります。
決してひとりがあるひとりのNのためにというのではなく、本当にたくさんの「Nのために」が描かれています。
ある登場人物は、ある行為について「自分のため」だと言いますが、この人物もイニシャルはNなので、これもまた「Nのために」なのですね。
これに気付いたときは、なるほどなぁ、面白いなぁと感心させられました。
そして、たくさんの「Nのために」が、うまくいったものもあれば、切ないすれ違いを生んでいるものもあって、それが物語のドラマ性を高めています。
あらすじに「純愛ミステリー」と紹介されている通り、この作品はミステリであると同時に、恋愛小説でもあります。
片思いもあれば、両思いも描かれているのですが、なんだかどの恋愛関係もハッピーな感じではありません。
恋愛とは、そして人の心とは、なんともままならないものだなと、なんだかもどかしい気持ちになりました。


それにしても本当にもやもやする結末だったなぁ。
読み終わった後最初に戻っていろいろ推理してみるということを、久々にやってしまいました。
せっかくなので私が推理した内容をこの下に書いておきますので、ネタバレOKな方のみどうぞ。
推理するのは好きだけど、やっぱり謎はすっきりきれいに解ける方がいいなぁ…。
☆は3つ…いや、3.5くらいかな。










以下、ネタバレ満載の私の推理内容です。


地の文(それぞれの人物が一人称で語っている文)については嘘が含まれているとミステリとしてフェアじゃないと思うので、全部本当のことが書いてあるのだろうと思いますが、会話文についてはどうなんでしょうか?
西崎が罪をかぶって進んで警察に逮捕されたのは、本当に彼が言うとおり「奈央子を人殺しにしたくない」からだったのでしょうか?
この理由について、西崎は地の文では何も言及していないのが引っかかりました。
引っかかると言えば、希美がやけに事件の真相を知りたがっているところも引っかかるのですよね。
希美は事件現場にいて、すべてを見ていたはずです。
彼女にとって謎のままなのは、外側のチェーンを掛けたのが誰で、何のためだったのかということぐらいしかないはずなのに、なぜそんなにも真相を知りたがっているのでしょうか。


この2つの点から推理してみたのですが、西崎が罪をかぶったのは奈央子のためではなく、希美のためだったのではないでしょうか?
事件の時点で、西崎は希美が野口夫妻を嫌っていることを知っていました。
そして、希美が野口(夫の方)に向かって花瓶を振り上げるところも見ました。
希美は花瓶を振り上げた理由を、「何か高そうなものを叩き壊」すためだったと言いますが、本当は野口に対する殺意を持って振り上げたのではないでしょうか。
西崎はそれを感じ取った。
そして、だからこそ、万が一にも警察の疑いが希美に向くことがないように、希美が罪の意識を持たなくてすむように、自分が犯人であり奈央子のためにやったことなのだと、警察にも希美にも思いこませるように仕向けた――。
西崎の恋心は、この時点で実は奈央子ではなく希美に向いていたのだったとしても、おかしくはないと思うのです。
そして希美もそれにうすうす勘付いているから、「真相を知りたい」という気持ちになっているのではないかな、と。


と、長々推理してみたところで、結局この推理が的外れなのかそうでもないのか、確かめようがないのですね。
読者に結末の解釈をゆだねるリドルストーリーということなのでしょうが、…うーん、やっぱりすっきりしないなぁ。