読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

『マスカレード・ホテル』東野圭吾


都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京ということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就くことを命じられる。彼を教育するのは、女性フロントクラークの山岸尚美。次から次へと怪しげな客たちが訪れる中、二人は真相に辿り着けるのか!?いま幕が開く傑作新シリーズ。

東野さんの新シリーズは、都内の一流シティホテルを舞台としたミステリ。
映像化される未来が見えるような、エンタメ性の高い作品で、とても楽しく読めました。


奇を衒った部分はどこにもなく、連続殺人事件が起こって、次の事件が起こるかもしれないホテルで、男性刑事と女性ホテルマンが出会って、少しずつ真相に近づく手がかりが見えてきて、危機に見舞われて…と、とてもオーソドックスなストーリー。
それだけに非常に読みやすいですし、万人向けと言えるのではないでしょうか。
あまり本を読まない人におすすめ本を訊かれた時に紹介するのにぴったりです。
連続殺人事件も、暗号ぽいものが登場したりして、ミステリファンの心をくすぐります。
伏線がしっかり張られているところも、さすがは東野さん。
さまざまな怪しい人物・できごとが次々に登場するので、果たしてどれが真相につながる糸なのか…と推理しながら読むのが楽しいです。
人物描写も、主人公の刑事・新田とホテルマンの尚美のコンビには、読んでいるうちにだんだん親しみが沸いてきますし、新田の相棒である所轄刑事・能勢が飄々としていてなかなかいい味を出しているのも印象的でした。
さらに犯人もなんとなく憎めないというか…嫌いではないですね。
『マスカレード・ホテル』というタイトルにぴったりの犯人でした。


ミステリとしてはそれほど大きな驚きがあったわけではないのですが、ホテルが舞台であるだけに、怪しげな客が次々現れるのが面白かったです。
実際のホテルも、きっといろんなお客さんが訪れるのでしょうね。
難癖をつけて部屋を変えるよう要求する客、自分を訪ねてきた者がいたら追い返すようにと頼む客、無理難題を押し付けてくる客…。
困った客ばかりですが、そういった客に文句を言うでも邪険に扱うでもなく、あくまでも他の客と同じように大切なお客様として接する尚美のプロ意識がかっこいいなと思いました。
また、尚美の上司の言葉である、「お客様の仮面を剥がそうと思ってはならない」という言葉がとても印象に残りました。
お客さんのかゆいところに手が届くようなサービスを提供し、またこのホテルを利用したいと思ってもらうためには、ある程度その客がどのような人物なのか知らなくてはならないと思います。
でも、その一方で、客のプライバシーに踏み込みすぎてもいけない。
ホテルマンに限らずどんな客商売でも同じかもしれませんが、難しいけれども非常に奥が深くて、だからこそ面白い仕事なんだろうなと感じました。


気楽に読める軽めのミステリとしても、ホテルマンの仕事内容を垣間見ることができるお仕事小説としても、十二分に面白かったです。
続けて姉妹篇の『マスカレード・イブ』を読み始めましたが、この刑事・新田とホテルマン・尚美のコンビの物語は今後もシリーズが続いていくのでしょうか。
新田と尚美のその後を読みたい気もしますが、また同じホテルで事件が起こるというのも不自然ですし、どうなのかなぁといったところです。
☆4つ。