読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

11月の注目文庫化情報


だいぶ気温が下がってきて、冬がどんどん近づいてきていることを実感します。
読書の秋もあっという間ですね。
さて、11月の文庫新刊を見ていると、なんだか久々にどっぷりミステリに浸かりたい気分。
『叫びと祈り』は評判が良いようなので楽しみです。
『9の扉』はリレー短編集なんですね。
北村薫さんのほかにも貫井徳郎さんや歌野晶午さんなど好きなミステリ作家がずらりと名を連ねていてわくわくします。
こういう企画ものは大好きなので、読んでみたいです。
乙一さんも久しぶりに読みたいな。
ということでまたたくさん読みたい本が出ますが、積読本も頑張って消化しなきゃ(^^;)