読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

ENGLISH JOURNAL 9月号

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2010年 09月号 [雑誌]

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2010年 09月号 [雑誌]


9月号のインタビュー1人目は女優のサンドラ・ブロックさん。
彼女が主演し、昨年度のアカデミー主演女優賞を受賞した映画「しあわせの隠れ場所」について語っています。
この映画は実話を元にしていて、養子に迎えた貧しい少年をアメフト選手に育て上げた女性を描いているのだそうです。
服装や化粧品などその女性が実際に使っているものと同じものを映画でも使用したとのことで、いろいろ面白いエピソードを話していました。
サンドラ・ブロックの英語は早口ですが発音は明瞭で分かりやすかったです。
話も上手くて聴き応えがありました。
特にゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた「あなたは私のムコになる」という映画がヒットしたことに話が及んだ時、その作品がヒットした理由について「ヌードシーンがあったからよ」とジョークを飛ばすくだりは面白くて思わず笑ってしまいました。


2人目は政治哲学者のマイケル・サンデル教授。
日本でも話題になっている『これからの「正義」の話をしよう』は、サンデル教授がハーバード大学で行っている人気講義「Justice」を書籍化したものです。
この講義を始めた理由は、サンデル教授自身が大学に入学した当初、哲学の話が理解しづらかった経験があるからだそうです。
哲学の勉強を始めたばかりの初心者にも分かるように…ということで考えた講義内容なのだとのことでした。
講義はなかなか熱くて深いもののようですが、このインタビューを聴いている限りではサンデル教授の話し方は柔らかい感じで、哲学や政治といった硬い内容とは対照的な印象を受けました。
この講義はiTunes Uで無料で聴けるとのことなので、ぜひ聴いてみようと思います。


最後はディスカバリー・ジャパンの社長、ジェイムス・ギボンスさん。
ディスカバリーチャンネルはケーブルテレビを契約しないと見られませんが、もし私が契約することがあれば観てみたいチャンネルのひとつです。
ディスカバリーチャンネルで提供しているさまざまな自然科学ジャンルの番組の中で、特に日本で人気があるのは宇宙や動物、自然災害などのジャンルだとのことでした。
特に動物に関しては、日本ではペット産業が一大産業であり、非常に関心が高いと話されていました。
日本独自の番組の制作もしており、特にネコの可愛さの秘密を追った番組はとても人気が高かったそうです。
そのほか、アメリカでは無料で見られる一般のチャンネルよりも、ケーブルテレビなど有料チャンネルの方が視聴率が高いという話も印象的でした。
日本もアメリカほどではなくてもそのような方向に進んでいくのではないかとのことでした。
う〜ん、確かに最近の地上波(特に民放)、あまり面白い番組がないもんね…。
テレビ番組の将来について考えてしまったインタビューでした。