読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

「KOBUKURO LIVE TOUR '09 "CALLING" FINAL」

MUSIC

KOBUKURO LIVE TOUR '09

KOBUKURO LIVE TOUR '09"CALLING" FINAL [DVD]


[DISC 1]
01.オープニング
02.サヨナラ HERO
03.虹
04.MC
05.NOTE
06.Sunday kitchen
07.Summer rain
08.MC
09.君といたいのに
10.MC
11.そばにいれるなら…
12.MC
13.ルルル
14.恋心
15.天使達の歌
16.To calling of love
17.MC


[DISC 2]
01.MC
02.Moon Light Party!!
03.LOVER’S SURF
04.神風
05.轍-わだち-
06.MC
07.赤い糸
08.STAY
09.アンコールMC
10.ここにしか咲かない花
11.時の足音
12.クロージング


[ボーナス収録]
1.”CALLING” 全会場ダイジェスト!!
2.”CALLING” TOUR DOCUMENTARY

昨年11月のライブツアーファイナル公演@武道館の模様を収録したDVD。
ちなみに今回からブルーレイ盤も同時発売になりました。
私はブルーレイプレイヤーを持っていないのでDVDを買いましたが、ブルーレイは音も映像もすごいらしいですね。
一度ブルーレイを見てしまうと、もうDVDには戻れないとか…。
そんなに違うものなの??
テレビのアナログ放送と地デジくらい違うのかな??


ライブの内容ですが、改めてセットリストを見てみると、インディーズ時代から歌い続けられている古い曲から最新の曲まで、この選曲の幅広さはコブクロならではという感じですね。
個人的には「君といたいのに」「そばにいれるなら…」のアコースティックコーナーの2曲が好きです。
「To calling of love」は「Live Tour '09 Version」ということでアレンジがすごいことになっています。
実際にライブで生で聴いた時はその迫力に感動しました。
「Moon Light Party!!」のコール&レスポンスも面白いし、「轍」の大合唱には感動。
さらにこれだけガンガン歌った後で「STAY」「ここにしか咲かない花」「時の足音」とコブクロの曲の中でも特に難しい歌い上げる曲が3曲も続いているというのが圧巻です。
「桜」や「蕾」といった大ヒット曲に頼らなくても、十分豪華で聴き応えのあるセットリストだと思います。
さらに恒例のウェーブでは黒田さんへのドッキリが仕掛けられていて…大爆笑でした(^^)
会場のお客さんも黒田さん同様「え?何!?」ってなってるはずなのに、ちゃんとウェーブして踊って…適応力高すぎ(笑)
しかし今後のツアーでウェーブがどんなことになるのか、楽しみなような怖いような…(^_^;)


個人的に今回のDVDでよかった点は、カメラアングルかな。
「ここ、静止画を切り取って携帯の待ち受けにでもしたいなぁ」と思えるアングルの場面がいくつもありました。
特にお気に入りは「NOTE」の最後のほうで小渕さんの左側から小渕さんと黒田さん2人を一画面に捉えた場面が好きです…ってマニアックかな(^_^;)
コブクロだけじゃなく、絶妙なタイミングでバンドメンバーや客席も映してくれているので、ライブの熱気が十分伝わってきます。


そして、コブクロのライブDVDで外せないのは副音声。
コブクロの2人がライブ映像を見ながらライブについて語る企画…だったはずが、もはやライブとはほぼ100%関係ないことをしゃべっています(^_^;)
個人的には「NAMELESS WORLD」のように、ある程度ライブの内容を話してくれてる方が、コブクロと一緒にライブを見ているような気分になれて好きなんですが、まぁ面白かったからいいか…。
黒田さんのドラクエ話が一番面白かったです。
トルネコは伝説の武器商人なんです!!」と力説する黒田さんに大爆笑でした。
黒田さんとすれ違い通信したい…と思ったのは私だけではあるまい。


惜しむらくは、今回ちょっと特典映像が物足りなかったような…。
もうちょっと他会場のMCを見たかったなぁ。
小渕さんのものまね(板東英二さん、北島三郎さん、井上陽水さん、どれも激似!!)も黒田さんの「パンツ破けちゃった事件」も面白かったけどね。
とりあえず、コブクロファンなら必見のDVDであることは間違いないです。
秋にはスタジアムライブも決まって、きっとこれまでのツアーとはまた違った感じのライブになるだろうから楽しみ♪
気が早いけどファイナルの宮崎公演はDVDになるといいなぁ…。