読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

「Recording & Tour Official Book CALLING」

BOOK REVIEW MUSIC

ヤマハムックシリーズ 45 コブクロ Recording & Tour Official Book 『CALLING』

ヤマハムックシリーズ 45 コブクロ Recording & Tour Official Book 『CALLING』


ボリュームたっぷり76分トークCD付!
昨年夏にリリースされたアルバム「CALLING」の収録秘話、全34公演に及んだ同ツアーの全貌がぎっしり詰まったファン待望のオフィシャルブックがいよいよ発売です!
・新たな境地へ踏み出したアルバムはこうして生まれた アルバム収録風景&インタビュー
・すべて見せます!全44コレクション一挙公開 小渕 オールギター図鑑
・本人撮り下ろし!こだわりのオーディオ機器満載 黒田 オーディオリスニングのススメ
・著名ライター7人の7色ライブレポ
<その他>
・小渕 プライベートスタジオ初訪問
・ファン垂涎 手書き歌詞&解説付
・アルバム収録 全13曲のギター譜

コブクロのオリジナルアルバムが出るたびに刊行されているオフィシャルブック7作目。
「他にない楽譜本を作りたい」ということでコブクロ本人が企画を持ち込んだことから始まったそうですが、確かに単なる楽譜本ではなく、インタビューに写真集、コラム、さらにはコブクロとマネージャーの三浦さんが3人でライブツアーの思い出を振り返ってしゃべりまくるというトークCDまでおまけについてくるというとても中身が濃い本に仕上がっています。
ボリュームたっぷりなので、発売日すぐに入手したにもかかわらず、一通り読み終えるまでに今日までかかってしまいました。


今回も充実した内容でうれしいですね。
アルバムのレコーディング風景やライブの写真は見ていて楽しいし、アルバムに収録されている曲全てに対してコブクロ本人たちの解説が読めるのもうれしい。
今回は特に小渕さんのギターコレクション公開や黒田さんのオーディオ談義といった多少マニアックな記事が充実していて面白かったです。
2人の音楽に対する真摯な姿勢が伝わってきました。
小渕さんがオーダーメイドで作ってもらったジョン・レノンをイメージしたラスキンのギターの芸術的な美しさはファンでなくとも必見です。
黒田さんの「多くの人にいい音で音楽を楽しむ喜びを知ってほしい」という強い想いには感銘を受けました。
音質を重視したiPod、確かにあってもいいのになぁ。
需要はありそうな気がしますが…アップルさんの目指している方向性とは違うのかな。


付録のトークCDは今回も爆笑ものでした。
ボケもツッコミもものまねも、ますます冴え渡るコブクロのお2人とそれに巻き込まれる三浦マネージャー(笑)
下手な芸人よりよっぽど面白い。
というかむしろ「好きな芸人は?」と訊かれたらうっかり「コブクロ」と答えてしまいそうな私です(^_^;)
コブクロが単にいい歌を歌うだけの人たちだったら、こんなにハマることはなかっただろうなと思います。


アルバム発売、全国ツアー、そしてこのオフィシャルブックをもって完成をみたCALLING。
次はどんな世界を作ってみせてくれるのかな。
とりあえず今はカバーアルバム制作中ということですが、オリジナルの方も期待してます!