読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

KOBUKURO LIVE TOUR '09 "CALLING" @大阪城ホール(初日)

MUSIC

※曲名・セットリストのネタバレはありません。ただしMC内容に少し触れています。


昨日9/15のコブクロライブ@大阪城ホールに参戦してきました〜♪
私にとって記念すべき(?)通算5回目の参加となった今回のライブは…
黒田さん凄すぎ。
この一言に尽きます。
毎回、ライブに参加するたびに思うんですよね。
この人はどこまで進化するんだろうって。
今回のツアーが始まる前、ラジオ番組や雑誌など、いろんなところで「水面に石を落としたときに波紋が広がるように、自分の全身で自分の声を感じて響かせたい」と言っていた黒田さん。
実際にライブでその声を聴いて、黒田さんが言っていたのはこういうことだったのか、と感心しきりでした。
時に優しく包み込むような、時に力強く迫ってくるような、絶妙な緩急のついた響きを堪能させてもらいました。
声量もまたさらに増したような気がします。
マイクオフアカペラの時、マイクオフのような感じがしなかったもんなぁ。
今までで一番はっきり聴こえたし、よく響いていたと思います。
私はスタンド席でステージからはかなり遠いところから聴いていてこれだったので、一体アリーナ最前列で、しかも黒田さんの真正面で聴いたらどんな感じなんだろう?
なんか実際そんなのを体験してしまったら卒倒しそうな気がしますが(^_^;)
こんな素晴らしいボーカリストに出逢えて幸せだし、これからもまだまだ進化していくだろうと思うとワクワクします。
またこの黒田さんの素晴らしい声に小渕さんのハモリが加わるとさらにすごいんですよね〜。
2人どころか、まるで3人、4人で歌っているかのようなものすごい厚みのある音が生まれるんです。
もうなんかコブクロの歌声はJ-POPという枠組みからはみ出しつつあるような気さえします。


そしてやっぱりコブクロの大阪でのライブは楽しい♪
ものすごい盛り上がり&一体感。
MC内容も小渕さんがライブ前日に訪れた金岡のギター修理のお店の話、インディーズ時代にワゴン車で通っていた「ときはま線」の話、黒田さんのお気に入りの東三国の焼肉店の話、アメリカ村の新名物(?)「アイスドッグ」の話、「大阪南港物語」(謎)などなど、大阪人でも地元人しか分からないようなネタ満載。
一部分だけですがやしきたかじんさんの曲を歌ったり、ウルフルズ(ウルフルズは小渕さんが歌うんじゃないかと予想していたので、当たってうれしかった〜)の曲を歌ったり。
MC中の黒田さんに観客席から絶妙のタイミングでツッコミが入って全員大爆笑したり。
そんなコテコテ大阪のノリのライブでしたが、それでもライブ中に何度もしーんと静まり返る場面があるのが素晴らしい。
今までスピッツとかミスチルのライブに参加したけど(スピッツは会館ライブなので単純比較はできないかもしれないけど)、彼らのライブでは完全な静寂なんてほとんどないよ。
観客全員が2人の歌声に耳を澄ませるあのピンと張り詰めた空気がたまらなく好きです。
それでいてMCではお腹が痛くなるほど笑わせてくれるんですから。
本当に楽しかったです♪


やっぱりコブクロのライブは大阪がいいな。
また大阪に帰ってきてね…「お帰り〜!!」って迎えるから。
素晴らしいライブを作ってくれたコブクロのお2人、バンドメンバーの皆さん、スタッフの皆さん、同日参加のファンの皆さん、参加できなくてもライブの成功を祈ってくれた皆さん、本当にありがとうございました♪♪


<おまけ>
ツアトラ写真です♪
今回は4台止まっていて全て違うデザインでした♪

↓トラックの運転席に飾ってあったサイン(見にくいけど…)。トラックの車体にもあちこちにサインが書かれていて、撮影スポット多すぎでした(^_^;)