読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

「STAY」コブクロ

STAY(DVD付き初回盤)

STAY(DVD付き初回盤)


【収録曲】
1. STAY
2. FREEDOM TRAIN
3. 君といたいのに
4. STAY (Instrumental)
5. FREEDOM TRAIN (Instrumental)

アルバム発売に先立ちリリースされた18thシングル。
初回限定盤のDVD目当てで買いましたが(^_^;)、収録曲全て予想以上によかったので満足です。


「STAY」はTBS系ドラマ「官僚たちの夏」の主題歌。
「超前向き」という小渕さんには珍しい、後ろ向きラブソングです。
2番が構成も歌詞もよくて好きです♪
テレビではその2番がカットされてしまうんだろうかと思ってたら、2番はあってうれしかったけど、ラストのAメロがカットされてなんだか中途半端な終わり方になってて、個人的にはがっかりでした。
ま、いい曲であることには変わりないですけどね。
「蕾」とまたテーマは違いますが、コブクロの「泣き歌」代表曲として定着してくれるといいなぁ。
ちなみにInstrumentalでも泣けます…。


「FREEDOM TRAIN」は昨年の5296ツアーで発表された新曲。
アレンジが加えられて、ライブの時とは違った印象を受けました。
黒田さんのボーカルを生かした曲になってる感じかな。
いろんな楽器の音が聞こえてくるのも楽しいです。


「君といたいのに」はインディーズ時代の曲を初レコーディングしたものなのですが、スタジオライブ形式でアコギのみの一発録りというコブクロらしい音源になっています。
しかも録音にはダミーヘッド・バイノーラル・マイクという特殊なマイクを使用しているという豪華版。
このマイクはマネキン人形みたいなものの耳の部分にマイクが仕込まれていて、私たちが普段耳で聴いているそのままの音が録れるという優れものなのですが、これがすごい!!!
ヘッドホンまたはイヤホンで聴いてみるとそのすごさが分かります。
まるでコブクロが自分の目の前で歌ってくれているかのような、ものすごい臨場感。
小渕さんは黒田さんより少し下がった位置に立っているなとか、歌い終わった後左後方へはけて行ったとか、そんなこともはっきりと分かります。
初めて聴いた時はあまりの迫力に、とても興奮しました。
このシングル、この曲だけでも聴く価値ありだと思います。


初回限定盤にはDVDもついていますが、こちらもとても豪華♪
今年3月に行われたファンフェスタのドキュメンタリーでは、ステージ裏から打ち上げ風景まで、ファンが興味津々の部分を余すところなく収録してくれています。
「STAY」のレコーディング風景も面白かった〜!
スタッフやバンドメンバーをいじりまくる黒田さん、謎の一人遊び(?)を始める小渕さん…笑いの絶えない楽しそうな現場ですが、その裏には2人の妥協を許さない厳しい音楽作りへの姿勢があるんだろうなぁ…。
アルバムも楽しみです。