読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tontonの終わりなき旅

本の感想、ときどきライブレポ。

「アンナと王様」

恒例のキーワード懸賞キャンペーン、忘れないうちに叫びます。
Amazon.co.jpアカデミー作品賞コンプリートセット欲しい!
で、好きな映画を一つ紹介しろということなので、これを紹介させていただきます。

アンナと王様〈特別編〉 [DVD]

アンナと王様〈特別編〉 [DVD]


19世紀末、東南アジアの国シャム(現在のタイ)。モンクット国王は、王子達の家庭教師として英国人アンナを迎え入れた。西洋に育ったアンナは封建的な国王と何度も衝突するが、国を愛する王の心に打たれ徐々に絆を深めていく。その頃、隣国ビルマによって国境地帯が襲撃され、その背後には侵略を企む英国の影が! さらに国内で勃発したクーデターにより、王国に危機が迫る!

あんまりこの映画を好きと言ってる人を見たことがないけれど、私はけっこう好きなのです。
ちゃんと映画館で観たんですよ。
しかも公開初日に。
特に「アンナと王様」が観たかったわけではなく、友達と出かけて「何か映画観ようか」って話になって、たまたま時間がうまく合ったのがこの映画だった、というだけなんですが(^_^;)
でもとてもよい映画だったので満足でした。
名作「王様と私」のリメイクなので、大体のストーリーは最初から分かっていましたが、丁寧に作られていて描写もうまく、引き込まれました。
ストーリー展開が速すぎず、むしろゆっくり目に進むのがちょうどいい感じ。
登場人物も素敵でした。
ジョディ・フォスターがとてもきれいでかっこいい。
タイの女性たちもとても美しい。
チョウ・ユンファは王様らしい威厳と勇壮さを持っていて、でもやさしい雰囲気もあって、とてもかっこよかったです。
タイの建造物や文化も興味深いですよ。
歴史ものとしても穏やかなラブコメディとしてもおすすめの一作です。